人気ブログランキング |

<   2015年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

さえずる  クロツグミ

 5時を過ぎると誰もいなくなってしまった。クロツグミの鳴き声が、静寂な森に響き渡る。その声を一人で楽しみながら、ためしにレンズをあちこちに向けて鳴いている樹を探す。太い枝の隙間から姿がとらえられた。ワンポイントの発見に胸が高鳴る。下の水場はまだ明るいが、森はすでに暗くなり始めている。ISO感度を上げマニュアルでピントを合わせながら夢中でシャッターを切る。樹上でさえずるクロツグミを撮れたのは、ここでは初めてだ。(撮影7月21日)
e0139059_11075988.jpg
e0139059_11080416.jpg
e0139059_22512318.jpg
e0139059_08543612.jpg
e0139059_22504193.jpg
e0139059_22504193.jpg
e0139059_22520406.jpg
e0139059_11075397.jpg
e0139059_10110637.jpg
e0139059_10111389.jpg


by GannkoOyazi | 2015-07-26 08:32 | クロツグミ

ヒ ナ  アオバズク

 アオバズクのヒナが、葉陰でお母さんと一緒に。まだ産毛が残るあどけない姿が、ひととき暑さを忘れさせてくれる。お父さんは、今日も定位置でいつもの通り見張り番をしていた。ツミやオナガに脅かされ、まだ安心は出来ないようだ。
e0139059_20415000.jpg
e0139059_20414482.jpg
e0139059_20471140.jpg
e0139059_20413706.jpg
e0139059_20415477.jpg
e0139059_20413081.jpg
e0139059_20412499.jpg
e0139059_20411469.jpg

by GannkoOyazi | 2015-07-24 09:10 | アオバズク

夏野の花 3  ハナイカダ、アジサイ

 ハナイカダは葉の中央に花を咲かせ、実を付けるおもしろい植物である。葉を筏(いかだ)に見立て、その上に乗る花や実を筏の上に乗る人に見立てたもので、花や実を付けた姿は見れば、忘れがたい植物のひとつである。この黒い実は、甘みがあって食べられるとのことである。秋の花が咲きだすなかで、まだアジサイが咲き残っていた。
e0139059_15275384.jpg
e0139059_15524468.jpg
e0139059_15525448.jpg
e0139059_15525032.jpg
e0139059_15274988.jpg
e0139059_15273156.jpg
e0139059_15272696.jpg
e0139059_15343446.jpg
e0139059_15274510.jpg
e0139059_15375696.jpg

by GannkoOyazi | 2015-07-23 08:19 | 野草

夏野の花 2  マツムシソウ、レンゲショウマ

 咲き始めた一輪のマツムシソウをみつけた。レンゲショウマがつぼみを開いている所があった。キキョウは、もう終わりに近い。足早に季節が動こうとしているようだ。

ヤマオダマキ
e0139059_14411154.jpg
e0139059_14410357.jpg
マツムシソウ
e0139059_14411737.jpg
e0139059_14412230.jpg
レンゲショウマ
e0139059_14412825.jpg
e0139059_14413864.jpg
オカトラノオ
e0139059_14414377.jpg
カライトソウ
e0139059_14414956.jpg
ヤブカンゾウ
e0139059_15244742.jpg
キキョウ
e0139059_14415382.jpg

by GannkoOyazi | 2015-07-22 17:57 | 野草

夏野の花 1  クガイソウ、ヤマユリ

 猛暑を逃れて山の 水場に向かったが途中で気が変わり、その先まで足を延ばし先ずは、野の花を観に行く。花の咲き方が例年より早く、花が終わってしまっているものや、早くも秋の花が咲き出していたりする。

クガイソウ
e0139059_11445988.jpg
e0139059_11450753.jpg
e0139059_11451276.jpg
ジャコウソウ
e0139059_11452402.jpg
e0139059_11452949.jpg
シキンカラマツ
e0139059_11454155.jpg
e0139059_11453643.jpg
ギンパイソウ
e0139059_11460394.jpg
e0139059_11460052.jpg
ヤマユリ
e0139059_12111226.jpg
e0139059_13064584.jpg

by GannkoOyazi | 2015-07-21 14:28 | 野草

代 打  ホシゴイ

 木陰にいても暑く、対岸の木にゴイサギの幼鳥ホシゴイが飛んで来たのを代打に撮っただけで、本命が撮れないままに早々に引き上げる。幼鳥時は、羽に星のような模様があることから親と違う名で呼ばれる。名前だけでなく、親の白と藍色の粋な姿とはまるで異なり猛禽のような姿だ。親と同じ姿の成鳥になるまで3年を要する。
e0139059_18293702.jpg
e0139059_18294247.jpg
e0139059_18295123.jpg
e0139059_18300171.jpg
e0139059_18300594.jpg
e0139059_18300882.jpg
e0139059_18301138.jpg
e0139059_20070962.jpg

by GannkoOyazi | 2015-07-13 20:08 | ホシゴイ

ハスカワ  カワセミ

 蓮の花にとまるカワセミをハスカワと称し、夏の鳥写真の定番となっている。カワセミの写真は、いささか食傷ぎみでもこれは別という。そんな誘惑にのって蓮池へ。飛び出しを狙いなんとか。今年のハスの花は咲くのが早いが、いつまで楽しめるだろうか。  
e0139059_21222393.jpg
e0139059_19540405.jpg
e0139059_20160671.jpg
e0139059_21521137.jpg
e0139059_21521742.jpg
e0139059_21522207.jpg
e0139059_21522545.jpg
e0139059_19532750.jpg
e0139059_19533159.jpg
e0139059_20160903.jpg
e0139059_19533519.jpg

by GannkoOyazi | 2015-07-10 21:18 | カワセミ

雨の中  アオバズク

 アオバズクのオスが、しとしとと降り続く雨のなかでいつものように、ひたすらじっと見守っていた。視線の先の洞では、メスが抱卵していることだろう。葉陰とはいえ濡れたのか体がほっそりとしてみえる。あと少しだ、ガンバレ。 
e0139059_11265526.jpg
e0139059_11270271.jpg
e0139059_11270974.jpg
e0139059_11271760.jpg
e0139059_11272439.jpg
e0139059_11273070.jpg
e0139059_11273697.jpg

by GannkoOyazi | 2015-07-09 13:16 | アオバズク

映 画  愛を積むひと

 映画「愛を積むひと」を観に行った。たまたま読んだことがある、エドワード・ムーニーの「石を積むひと」が原作なので。ツタに覆われた石塀が、少女の頃からずっとほしかったと、半世紀以上にわたって連れ添ってきたアンが、夫・ジョーゼフに、こんな宿題を残して世を去った。みなから「ストーンマン」と呼ばれながら妻の宿題を果たそうとする男ジョーゼフだったが、ある日、若者二人に暴行を受けてしまう。しかし、あえて罪に問うことはせず、代わりに彼らに自宅の石塀を積み上げる作業を手伝わせることにしたのだったが…。映画とはかなり結末は違っているが、映画は、新しい物語としてよく出来ていた。
e0139059_18110130.jpg
ストーリー:東京の下町で営んでいた工場を閉鎖し、残りの人生を北海道で過ごそうと決意した篤史(佐藤浩市)と良子(樋口可南子)の夫婦。かつて外国人が暮らしていた家を手に入れて暮らす二人だが、仕事一筋だったゆえに篤史は手持ちぶさたになってしまう。そんな彼のために良子は、家を囲む石塀作りを頼む。しかし、良子が以前から患っていた心臓病を悪化させて他界してしまう。深い悲しみに沈む篤史だったが、石塀作りを手伝う青年・徹(野村周平)との交流や、娘・聡子(北川景子)との再会を経て、前を向くようになる。(プロググラムから)
e0139059_20475594.jpg
e0139059_20475999.jpg
 映画の感想を述べるのは苦手だが、口べたな篤史が、石塀を積みながら徹に言う。「小さくて割れた石とか、変わった形をした石とか、そういう石にも、塀を支えるのに役に立つ場所が必ずある。人だって、きっと同じだと思う」この篤史の言葉に共感した。また、出演の樋口可南子と佐藤浩市とともに柄本明の頑固親父ぶりに泣かされ、美瑛の四季の移り変わりに心が洗われた。地味で静かな映画だが素晴らしい映画だった。ご夫婦や恋人が観るのに最適の映画と勧められているが、やめた方が良い。男の弱さを改めて知らされる気がする。出来れば一人でそっと観るのに限るようだ。
e0139059_21490407.jpg
e0139059_21485858.jpg
e0139059_18105963.jpg

by GannkoOyazi | 2015-07-06 22:12 | 映画

祝なでしこ エンゼルポーズ集

 今日は、雨は降っていないが「女子サッカーW杯準決勝」のテレビ観戦。ニッポンはイングランドにおされ、いつもの正確さに欠け大苦戦するも勝利をもぎとる。なでしこジャパンの連覇を祈るばかりだ。勝利の女神が微笑むよう、小鳥たちのエンゼルポーズをささげることとする。最近の写真からエンゼルポーズ(天使の羽)らしきものを集めた。
 
       アオバズク
e0139059_15012471.jpg
e0139059_15012865.jpg
        ツミ
e0139059_15011174.jpg
e0139059_15011741.jpg
        フクロウ
e0139059_22360383.jpg
e0139059_22360924.jpg
        ツツドリ
e0139059_15013328.jpg
e0139059_15013674.jpg
        セイタカシギ
e0139059_15014291.jpg
e0139059_15014552.jpg
        タマシギ
e0139059_20523023.jpg
e0139059_15015034.jpg

by GannkoOyazi | 2015-07-02 11:32 | アオバズク