<   2014年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

新緑  キビタキ

 新緑に包まれたマイフイルドの森は、意外にも静まり返っていた。カメラマンも遠征に行ったのか、ほとんど見当らない。鳥も居そうもないが、清々しい緑と静寂さを楽しむこととする。それでも、キビタキが一度だけ姿を見せ、コジュケイが園路を横切った。
e0139059_11072977.jpg
e0139059_21375085.jpg
e0139059_21380681.jpg
e0139059_11081761.jpg
e0139059_16031223.jpg

by GannkoOyazi | 2014-04-30 12:57 | キビタキ | Comments(0)

スイトホーム  アオゲラ

 アオゲラの檜の家が、そろそろ完成の頃かと再び訪ねた。あれから20日になるが入口は出来たが幹の中に縦穴を掘ってリビングや産室の拡張工事に大わらわだった。コツコツと穴の中で音がしていたと思うと顔を出して木屑を出す。   
e0139059_09150783.jpg
e0139059_09145575.jpg
e0139059_09144359.jpg
e0139059_09142826.jpg
e0139059_09141625.jpg
e0139059_09140363.jpg
e0139059_09135041.jpg
e0139059_09154542.jpg
e0139059_09153103.jpg
ハナイカダは、葉の上に花を咲かせる珍しい貴重な木なのだが、この森にあった。まだ、つぼみだがアオゲラのスイトホームが完成するころには淡緑色の小さな花が見られることだろう。ハナイカダには、ヨメノナミダ(嫁の涙)の別名がある。
e0139059_09151938.jpg

e0139059_10362250.jpg


by GannkoOyazi | 2014-04-28 10:12 | アオゲラ | Comments(0)

小さな猛禽 3 抱 卵  ツミ

 この森では、すでにツミが抱卵していた。ツミは、メスがもっぱら抱卵し抱卵期間は30日とのことである。餌を捕獲してきたオスが近くの枝で鳴き声を上げてメスに知らせる。木が込み入っていて、少しでもカメラを動かすと枝や葉が被る。ピンポイントを探りながら撮る。
e0139059_17540149.jpg
e0139059_17562456.jpg
e0139059_17541626.jpg
e0139059_17553872.jpg
e0139059_17535372.jpg
e0139059_17555365.jpg
e0139059_17552404.jpg
e0139059_17545605.jpg
e0139059_17544559.jpg
e0139059_17543167.jpg
e0139059_17550926.jpg

by GannkoOyazi | 2014-04-26 20:08 | ツミ | Comments(0)

小さな猛禽 2 休 息  ツミ

 新緑に染まる森に8時前に入ったが誰もいなかった。マイフイルドの喧騒を逃れ静けさと緑を堪能しながらツミの出を待つ。時折、散歩に訪れる方との会話も楽しい。今日のツミは森にいた12時過ぎまでは獲物を運んでくることもなく、枝でのんびりと羽を休めることが多かった。
e0139059_16115279.jpg
e0139059_18481727.jpg
e0139059_16111336.jpg
e0139059_19455812.jpg
e0139059_16121448.jpg
e0139059_18482687.jpg
e0139059_16122659.jpg
e0139059_16113566.jpg
e0139059_18580979.jpg
e0139059_16112738.jpg

by GannkoOyazi | 2014-04-25 17:03 | ツミ | Comments(0)

小さな猛禽 1 捕 食  ツミ

 ツミは、一番小さな猛禽と言われヒヨドリとほぼ同じ大きさである。昨日、今季初めてツミを撮った。時間が遅かったためかツミの出が悪く3時までの4時間で姿を見られたのは2回だけだった。それも捕食のときだった。あまり気持ち良いシーンではないが、これも自然だ。
e0139059_20013993.jpg
e0139059_20094647.jpg
e0139059_20013790.jpg
e0139059_20011474.jpg
e0139059_19272658.jpg
e0139059_19185246.jpg
e0139059_19143844.jpg
e0139059_20012821.jpg
e0139059_20011777.jpg
e0139059_20011161.jpg

by GannkoOyazi | 2014-04-24 21:26 | ツミ | Comments(0)

これは?  ハチジョウツグミ

 ハチジョウツグミは、もっぱら体の赤さで4畳半とか6畳ツグミと揶揄されるが、これは紛れもなくハチジョウだろう。そういえば去年、島に遠征したときに仲間内で12畳と評されるほど素晴らしく赤いのがいた。(一番下の写真)
e0139059_21511392.jpg
e0139059_15172296.jpg
e0139059_15173383.jpg
e0139059_15163515.jpg
e0139059_15161977.jpg
e0139059_15171273.jpg
e0139059_15480903.jpg

by GannkoOyazi | 2014-04-22 11:03 | ハチジョウツグミ | Comments(0)

待望  キビタキ、オオルリ

 マイフイルドの森に、待望のキビタキとオオルリが同時に入った。例年よりも遅く気を揉んだが、青と黄色が一緒とは嬉しい限りだ。オオルリは複数入っているようだが高い梢を飛び交い、まだ落ち着かず何とか証拠写真を撮るのがやっとだった。
e0139059_17402425.jpg
e0139059_20480204.jpg
e0139059_17403511.jpg
e0139059_17403890.jpg
e0139059_17404719.jpg
e0139059_17404238.jpg
e0139059_17405131.jpg
e0139059_17495132.jpg
e0139059_17340478.jpg
e0139059_17411083.jpg

by GannkoOyazi | 2014-04-19 21:41 | キビタキ | Comments(2)

田んぼ  ノビタキ

 マイフイルドの森は、ピアノまで持ち込んだプロモーションビデオ撮影の音楽が響くだけで、夏鳥の姿がなく嘆きあっていたときに田んぼにノビタキがいたとの話があり、森をあとにする。サービス満点のノビタキに慰められた。黒いノビタキも結構だが、早く青いのや黄色いのに会いたいものだ。
e0139059_16551695.jpg
e0139059_16534222.jpg
e0139059_16553174.jpg
e0139059_16553903.jpg
e0139059_16545694.jpg
e0139059_16542681.jpg
e0139059_16541006.jpg
e0139059_16550800.jpg
e0139059_16535707.jpg

by GannkoOyazi | 2014-04-16 17:30 | ノビタキ | Comments(0)

遠望 ノビタキ

 一昨日、菜の花に包まれた土手の端から何とか双眼鏡でのぞきノビタキを見つけて撮る。あまりにも距離があり過ぎピンボケの証拠写真。 撮り直しに行くが三日目の今日は抜けてしまっていた。近くでサクラソウとスミレがよく咲いていた。
e0139059_21002710.jpg
e0139059_20465531.jpg
e0139059_20465033.jpg
e0139059_20472258.jpg
e0139059_20474115.jpg
e0139059_20482217.jpg
e0139059_20475100.jpg

by GannkoOyazi | 2014-04-15 21:22 | ノビタキ | Comments(0)

菜の花  ノビタキ

 春のノビタキは、繁殖地に向かう時に通過するだけなので巡り会えれば幸運と言えよう。すでに一度通過したので今季は諦めていたところ、Mさんからイルヨとの電話をいただいた。ヤボ用で都内にいたが大急ぎで戻った。
 黒頭巾を被ったような夏羽の♂の成鳥二羽が、菜の花の上を飛び交っていた。昼飯もとらずに戻ってきたかいがあった。Mさん、有難うございました。感謝感激です。
e0139059_20145099.jpg
e0139059_20144412.jpg
e0139059_20095030.jpg
e0139059_20092692.jpg
e0139059_20445627.jpg
e0139059_20084016.jpg
e0139059_20093480.jpg
e0139059_20084678.jpg
e0139059_20083385.jpg
e0139059_20444177.jpg

by GannkoOyazi | 2014-04-14 10:12 | ノビタキ | Comments(0)