人気ブログランキング |

<   2014年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2羽並び  トラフズク

  レンジャクが入ったと聞き、半日粘ったが見つけられなかった。トラフズクがフレームに2羽が入るほど近くに並んでいると聞いていたことを思い出し帰りに足を向けた。確かに並んではいたが、風が強くどちらかが竹の葉が被ってしまう状態だった。果して、いつ頃までここにいるのだろうか。いつか、被りのない写真を撮りたいものだ。
e0139059_17481752.jpg

e0139059_17473213.jpg

e0139059_17494244.jpg

e0139059_17485925.jpg


by GannkoOyazi | 2014-02-28 20:41 | トラフズク

雪解け  トラツグミ

 トラツグミが、雪が解け柔らかくなった地表を探ってミミズを捕えていた。その姿が雪解けの水辺に映る姿を狙ったが、残念ながら風が強くはっきりしなかった。
e0139059_09400986.jpg

e0139059_09402906.jpg

e0139059_09390638.jpg

e0139059_09384127.jpg

e0139059_09380721.jpg

e0139059_09394749.jpg


by GannkoOyazi | 2014-02-21 10:18 | トラツグミ

残り雪  タゲリ

 期待した通り、まだ雪が残りタゲリの姿も見ることができた。雪に映えて金属光沢の暗緑色の背面が鮮やかだった。
e0139059_18362946.jpg

e0139059_18355254.jpg

e0139059_18372293.jpg

e0139059_18373994.jpg

e0139059_18233964.jpg

e0139059_18345287.jpg

e0139059_18323021.jpg

e0139059_18405731.jpg

e0139059_18303897.jpg


by GannkoOyazi | 2014-02-19 20:19 | タゲリ

マイフルドで  トラ・トラ・ルリ  

 マイフイルドのいつものポイントで、トラツグミとルリビタキが出て待っていてくれた。トラツグミは、お尻を上下に揺するトラダンスをしながら落ち葉を漁っていた。ついで、越冬中のトラフズクを久しぶりにのぞいた。6羽いるとのことだが、4羽が何とか見られた。
e0139059_18002621.jpg
e0139059_18012641.jpg
e0139059_17590796.jpg
e0139059_18011382.jpg
e0139059_17585136.jpg
e0139059_17592845.jpg
e0139059_17595450.jpg
e0139059_18001060.jpg

by GannkoOyazi | 2014-02-13 18:26 | トラツグミ

雪原飛翔  コミミズク

雪に覆われた田の上を、コミミズクが飛翔する。雪絡みを狙うが、はるか遠くを飛翔するばかりで、なかなか撮らせてくれなかった。ワンチャンスだったが、なんとか雪原を飛翔するコミミズクを撮れたようなので早々に引き上げる。
e0139059_00124810.jpg

e0139059_17562877.jpg
e0139059_00114138.jpg
e0139059_00121615.jpg
e0139059_00115977.jpg
e0139059_00121117.jpg
e0139059_00115270.jpg
e0139059_00122654.jpg


by GannkoOyazi | 2014-02-11 23:34 | コミミズク

雪絡み  ルリビタキ

 森の木々や草が、昨日の降雪を大事そうに抱えているようだった。藪の中から出てきた ルリビタキがいつもと違った光景を楽しむように アオキの葉や古木の枝を飛び移る。その時そこはモノトーンから解き放たれ、鮮やかなうす藍色に華やぐ。春分の日の降雪、翌朝の光景。
 明日は大雪とのこと。果たして今度は、どんなステージが展開されるだろうか。
e0139059_22525986.jpg
e0139059_22571185.jpg
e0139059_22564632.jpg
e0139059_22561647.jpg
e0139059_17342015.jpg
e0139059_22573536.jpg
e0139059_22574443.jpg
e0139059_22555010.jpg
e0139059_22522816.jpg
e0139059_22572205.jpg

by GannkoOyazi | 2014-02-07 17:06 | ルリビタキ

名残り雪  ルリビタキ

 ルリビタキがツララと小雪をのせる小枝にとまるのを待ち続けた。だんだんツララが溶け、小枝の雪も風に飛ばされ残り少なくなり、無理な期待だったかと思い始めたときになって、願いがかなった。

e0139059_20490759.jpg

e0139059_20475383.jpg

e0139059_20473865.jpg

e0139059_20472683.jpg

e0139059_20465691.jpg


by GannkoOyazi | 2014-02-05 11:33 | ルリビタキ

番 外  温室の 花・蝶・鳥

 今日は春分であるが、いま降っている雨が夕方には雪に変わるとの予報である。気分だけでも春を感じたく、井頭公園の温室「花ちょう遊館」で見た花等をアップしてみた。

ヒマラヤの青いケシ
ケシ科メコノプシス属の植物で、美しく澄んだ青色の花は天空の奇跡と言われる。
e0139059_10043827.jpg

ゴクラクチョウカ
e0139059_10050508.jpg
オオゴマダラ
前翅長7cm前後、開長は13cmに及び、日本のチョウとしては最大級である。翅は白地に黒い放射状の筋と斑点がある。ゆっくりと羽ばたきフワフワと滑空するような飛び方をする。その飛び方と羽の模様が新聞紙が風に舞っているように見えることから、『新聞蝶』と呼ばれることもある。

e0139059_09590750.jpg
リュウキュウアサギマダラ
e0139059_09593518.jpg
キンムネチョウヒテリムク
アフリカの東部、ソマリアからタンザニアに分布し、乾燥したサバンナなどに生息。別名キンムネオナガテリムク。名前のとおり金色の胸と長い尾が目を引く。「テリムク」という名前は、羽根が陽の光によって金属的に照り輝くことによる。ムクドリの仲間では世界一美しいと言われる。

e0139059_10072692.jpg
e0139059_10004534.jpg
e0139059_10003284.jpg
オニオオハシ
中南米の熱帯域に生息する、キツツキ目オオハシ科。長さ20cmにもなるクチバシは、中空構造で重さは15gほど。オニオオハシの特徴的なクチバシは体内の熱を血管を通じて放熱するラジエターの役割をしている。
e0139059_10002639.jpg

e0139059_10000794.jpg

by GannkoOyazi | 2014-02-04 13:00 | 野草

トラツグミ 2

 
トラツグミが正面を向いてとまったので、三日月型の斑が鮮やかに見えた。ヤブランの実を落ち葉の中から探し出しては口に運んでいた。そしてケヤキの二股の洞に溜まった水を飲んだ。
e0139059_10332058.jpg
e0139059_10334216.jpg
e0139059_20001253.jpg
e0139059_20005680.jpg
e0139059_10351581.jpg
e0139059_10344045.jpg
e0139059_10360369.jpg
e0139059_20080766.jpg


by GannkoOyazi | 2014-02-02 11:42 | トラツグミ

トラツグミ 1

 トラツグミに今季初めて会うことが出来た。草地からいきなり飛び出して大木の折れた枝に乗った。大きな口を開け、種を吐き出した。また、体の向きを変えたりしていろいろなポーズをサービスしてくれ、遅い出会いを補ってくれた。
e0139059_22305569.jpg
e0139059_22304157.jpg
e0139059_20222675.jpg
e0139059_22322199.jpg
e0139059_22323632.jpg
e0139059_22311159.jpg
e0139059_20174775.jpg

by GannkoOyazi | 2014-02-01 22:56 | トラツグミ