2018年 08月 29日 ( 1 )

思い出の記 95 カイツブリ

 カイツブリが蓮の花のもとに、浮巣を作っていた。カイツブリの子育ては正に、おんぶにだっこの言葉通りの様子を見せていて微笑ましい。
 全長は25-29cm。翼開長40-45cm。体重130-236g。尾羽は非常に短く、外観からはほぼ判別できない。翼の色彩は一様に黒褐色。嘴は短めでとがり、先端と嘴基部に淡黄色の斑がある。虹彩の色は、日本の亜種は淡黄色で、ヨーロッパの亜種は黒褐色。夏季には夏羽として頭部から後頸が黒褐色で、頬から側頸が赤褐色の羽毛で覆われる。体上面は暗褐色。また嘴の色彩が黒く、斑が明瞭。冬季には全体として淡色な冬羽となり、頭部から体部にかけての上面は暗褐色で、下面は淡褐色。頬から側頸も黄褐色の羽毛で覆われる。嘴の色彩は暗灰色で、斑が不明瞭。幼鳥は頭部や頸部に黒や白の斑紋が入り、嘴の色彩が赤い。
e0139059_20003689.jpg
e0139059_20005302.jpg
e0139059_08074733.jpg
e0139059_20015492.jpg
e0139059_20022757.jpg
e0139059_20024783.jpg
e0139059_20030742.jpg
e0139059_20032879.jpg
e0139059_20042398.jpg
e0139059_16541030.jpg
e0139059_20050079.jpg
e0139059_17005515.jpg
e0139059_20052283.jpg

by GannkoOyazi | 2018-08-29 08:00 | Comments(0)