2018年 06月 23日 ( 1 )

思い出の記 76 アマサギ

 アマサギの夏羽の色合いは、何とも言えないほど優しくていい色だ。派手さは、少しもないがそれでいて緑の田の中にあっても良く目立ち気品をあたりに漂わせる。 アマサギは全長約50㎝、翼開長約90㎝と、サギの仲間の中では小さいサイズ。季節によって羽色が変わるのが特徴で、夏になると頭、首、胸と背中の羽毛が亜麻色(薄い栗色)に変わる。この夏羽の美しい色が「亜麻鷺(あまさぎ)」という名前の由来になっている。頭から胸にかけての羽は少し長く、くちばしはオレンジ色。冬羽は全身が真っ白になるので、他のサギとの区別がつきにくい。
e0139059_21195079.jpg
e0139059_22292770.jpg
e0139059_22300503.jpg
e0139059_22302581.jpg
e0139059_22304513.jpg
e0139059_22310927.jpg
e0139059_22313099.jpg
e0139059_22323044.jpg
e0139059_22340172.jpg
e0139059_22341999.jpg

by GannkoOyazi | 2018-06-23 08:22 | Comments(0)