人気ブログランキング |

思い出の記(舳倉島) 119  キマユホオジロ、シマゴマ

 キマユホオジロが草地から出て来たと思ったら直ぐに草の中に姿を消した。ミヤマホオジロに似るが、冠がなく眉だけが黄色で違いがはっきりしている。(2013年5月 舳倉島にて)
 シベリア中部で繁殖し、冬季は中国中部および南東部に渡り越冬する。旅鳥西日本に渡来する。日本海側の島嶼部では春秋の 渡りの時期に毎年記録され、特に対馬では春に割合普通に観察される。体長約15.5cm。雄の夏羽は、額、眼先、側頭線、頬は黒く、頭央線は白色、眉斑は黄色である。背中と腰は茶褐色で、体の下面は白く脇に黒褐色の細い縦斑がある。雌は頭央線が不明瞭で、額、眼先、側頭線、頬は黒褐色である。雄の冬羽は雌に似ているが、頭央線が白く明瞭であることで区別できる。

e0139059_08202152.jpg
e0139059_08204022.jpg
e0139059_08205023.jpg
シマゴマ 
全長約13cm。額から尾にかけての上面は褐色。尾は赤みがかった褐色である。腹部は白色。オリーブ褐色の鱗状斑が本種の特徴である。日本では旅鳥として、春に記録されるが数は少ない。主に日本海側で観察されている。
e0139059_16352030.jpg
e0139059_16353668.jpg
e0139059_16363544.jpg

終わりに

  思い出の記と称して、10年余にわたって撮り貯めた野鳥写真の整理をしてきたが中途半端ながら、この辺で終了したい。

 鳥の撮影を中止して一年半になるが、この間は本読みに明け暮れた。
 最初は手当たり次第に推理小説を読み散らし、その後それに飽きて何か大作をとの思いが起きた。それがなんと北方謙三の歴史ものから始まった。先ずは、三国志(文庫14巻)から水滸伝(文庫19巻)、楊令伝(単行本15巻)となり次に吉川英治の新平家物語(文庫16巻)、私本太平記(電子書籍版9巻)、親鸞(電子書籍17巻)となった。そして今は、世界一の長編と言われる中里介山の大菩薩峠(電子書籍47巻)に手を出している。これは内容として面白みに欠け手こずりそうだ。そこで、同時に2017年に66歳の若さで逝ってしまった「蜩の記」で直木賞を受けた葉室麟を追悼し6作目を手にしている。

 こんなところで、この一年半ほとんど引きこもり状態で読んだ本は、優に100冊を超えた。
 今にして思うと、鳥の撮影を急にやめる気になったのは、こんな無精な生活への憧れが心の底にあったようだ。

 一年もしたら、また写真撮りを始めるつもりでもあったが当分戻ることはなさそうだ。

by GannkoOyazi | 2018-11-28 08:21
思い出の記(舳倉島) 118 ... >>