思い出の記(乗鞍岳) 111 イワヒバリ 

 乗鞍岳には、この10年余りのうちに数回訪れている。主にライチョウとの出会いを求めてであった。夏の乗鞍岳のお花畑では、ヨツバシオガマが赤い花を空に向かって伸ばし、ミヤマダイコンソウが岩を覆うように鮮やかな黄色の花を咲かせ、群生するハクサンイチゲの白さが目にまぶしい。そこにイワヒバリが。2500m以上の高山で美しいさえずりを聞かせてくれるイワヒバリに感謝。(2010年8月 記)
 高山帯、高木限界よりハイマツ林や岩場に生息する。非繁殖期には小群を形成することが多い。食性は雑食で、夏季は昆虫類や節足動物、冬季は種子等を食べる。全長18cm。体重32-46g。上半身の羽毛は灰色。咽頭部には白い斑点が入る。下半身の羽毛は赤褐色。翼の羽毛は黒褐色で雨覆の先端部の羽毛が白く、静止時には白い2対の縞模様に見える。雌雄同色である。
e0139059_14023291.jpg
e0139059_14034609.jpg
e0139059_14040725.jpg
e0139059_14042482.jpg
e0139059_14045496.jpg
e0139059_14072133.jpg
e0139059_14142396.jpg
e0139059_14051908.jpg
e0139059_14064993.jpg
e0139059_14054469.jpg
e0139059_14060221.jpg
e0139059_14061618.jpg
e0139059_14074859.jpg

by GannkoOyazi | 2018-10-31 08:15 | Comments(0)
<< 思い出の記(乗鞍岳) 112 ... 思い出の記(沖縄) 110 ヤ... >>