思い出の記 108 シラコバト

 シラコバトは、埼玉の県の鳥に制定されているのであるが、それまでに目にしたこともなかった。Mさんのブログで拝見し、お願いして撮影場所を教わり初撮り出来、県民として何とか面目を果たせたのは、2009年8月のことだった。
 さて、これをもってブログを終わりとするつもりだったが、遠き地に行った思い出の記も加えることとする。
 全長約33cm。雌雄同色。全身が灰褐色で、背と尾は褐色みが増す。日本に生息する個体は江戸時代に移入されたものが野生化したといわれるが、もともと生息していたという説もある。生息区域は、関東地方北東部(千葉県北部、茨城県南西部、埼玉県東部)である。一時期は埼玉県東部(越谷市)のみにまで狭められ、1956年1月14日には種として国の天然記念物に指定された。その成果もあり、最近は群馬県南部でも生息が確認された。これとは別に、山口県萩市の見島では朝鮮半島から飛来したと考えられる個体の観察記録が残る。
e0139059_09572209.jpg
e0139059_09564462.jpg
e0139059_09570197.jpg
e0139059_09581110.jpg
e0139059_09583674.jpg
e0139059_10005621.jpg
e0139059_09590657.jpg
e0139059_09592529.jpg
e0139059_09595419.jpg
e0139059_10001518.jpg

e0139059_10013363.jpg
e0139059_10072552.jpg

by GannkoOyazi | 2018-10-20 08:24 | Comments(0)
<< 思い出の記(石垣島) 109 ... 思い出の記 107 ユキホオジロ >>