思い出の記 107 ユキホオジロ

 ユキホオジロを千葉で撮ることができた。関東では、20数年ぶり、2度目のこととのこと。ユキホオジロは北極圏で繁殖し日本には北海道に冬鳥として渡ってくるとのことである。北海道でも、運が良ければとのことであるから、こんなことがなければ、ユキホオジロを見ることすらなかっただけに、この一羽の迷鳥に感謝したい。(2010年2月撮影)
 日本へは冬鳥として主に北海道に渡来するが、数は多くない。本州では、北部の日本海側の地域で少数が観察されるだけである。九州や小笠原諸島でも記録がある。全長約16cm。雄の夏羽は背中の一部と初列風切先端、小翼羽、尾羽の一部が黒い他は全身が白い。冬羽は黒かった部分が褐色味をおびる他、額から後頸、耳羽が褐色になる。雌は雄と比べて全体に褐色味が強い。
e0139059_19215781.jpg
e0139059_19222010.jpg
e0139059_19223762.jpg
e0139059_19240327.jpg
e0139059_19243006.jpg
e0139059_19234117.jpg
e0139059_19190120.jpg
e0139059_19201965.jpg
e0139059_19194076.jpg
e0139059_19210842.jpg
e0139059_19192480.jpg
e0139059_20193888.jpg
e0139059_19245799.jpg
e0139059_19252648.jpg

by GannkoOyazi | 2018-10-17 08:23 | Comments(0)
<< 思い出の記 108 シラコバト 思い出の記 106 ノスリ >>