思い出の記 106 ノスリ

 思いがけず、近くのノイバラの茂みにノスリが飛んで来た。ノスリもそばで見るとタカの仲間だけあって迫力があった。 
 全長50–60cm。翼開長100–140cm。体重500–1300g。オスよりもメスの方が大型になる。背面は褐色、腹面は淡褐色の羽毛に覆われる。喉の羽毛は黒い。虹彩は褐色。平地から森林に生息する。群れは形成せず、単独もしくはペアで生活する。食性は動物食で、昆虫類節足動物、両生類、爬虫類、鳥類、小型哺乳類等を食べる。 繁殖期には縄張りを形成する。樹上や断崖の上に木の枝を組み合わせた巣を作り、日本では5月に2–4個の卵を産む。主にメスが抱卵(雌雄とも抱卵することもある)し、抱卵期間は33–35日。雛は孵化後50–55日で飛翔できるようになり、その40–55日後に独立する。生後2–3年で性成熟する。
e0139059_08402613.jpg
e0139059_09222849.jpg
e0139059_08421950.jpg
e0139059_08420461.jpg
e0139059_08411706.jpg
e0139059_19542827.jpg
e0139059_09231869.jpg
e0139059_09234076.jpg
e0139059_09235999.jpg
e0139059_09242160.jpg

by GannkoOyazi | 2018-10-13 08:12 | Comments(0)
<< 思い出の記 107 ユキホオジロ 思い出の記 105 キクイタダキ >>