人気ブログランキング |

思い出の記 102 ヨタカ

 ヨタカが出現したしかも見やすいところである。なんとも嬉しいハプニングがマイフイルドに起きた。ヨタカは、昼間はじっとして動きをみせないのだが、時々目を開け、向きを変えたり、羽を広げてくれる。通路際の森の木で、取り囲むカメラマンをよそに悠然としていた。ヨタカは、昨日限りで姿が見えなくなったとのこと。(2013年10月 撮影)
 日本では夏季に九州以北に繁殖のため飛来する(夏鳥)。伊豆諸島や南西諸島では渡りの途中に飛来する(旅鳥)。ヨタカ目では本種のみが日本に飛来する。全長29センチメートル。全身の羽衣は暗褐色や褐色で、黒褐色や褐色、赤褐色、薄灰色などの複雑な斑紋が入る。この体色は樹上や落ち葉の上では保護色になると考えられている。翼は大型で先端は尖る。頭部は大型で扁平。虹彩は暗褐色。口は大型だが、嘴は小型で幅広い。オスの成鳥は頸部側面や初列風切、尾羽に白い斑紋が入る。メスの成鳥は頸部側面や初列風切に淡褐色の斑紋が入り、尾羽に明色の斑紋が入らない。
e0139059_21173397.jpg
e0139059_15271865.jpg
e0139059_15265625.jpg
e0139059_15270759.jpg
e0139059_21205345.jpg
e0139059_21215561.jpg
e0139059_21273898.jpg
e0139059_21294339.jpg
e0139059_21074899.jpg
e0139059_21084982.jpg
e0139059_15100057.jpg
e0139059_15102517.jpg

by GannkoOyazi | 2018-09-29 08:25
<< 思い出の記 103 ウソ 思い出の記 101 オガワコマドリ >>