人気ブログランキング |

思い出の記 101 オガワコマドリ

 オガワコマドリに逢いに行った。これまでに3回撮ったことがあるが、夏羽の帯状の輪がこれまで見たなかでは一番鮮やかな気がした。( 2012年4月 記)
 オガワコマドリの和名は、本種を日本で初めて採集した小川三紀に因んで名づけられた。日本では稀な旅鳥または冬鳥。全長約15cm。額から尾にかけての上面はオリーブ褐色で腰の部分が澄色がかっている。白い眉斑が目立つ。腹部は灰色。雄の喉は青く、喉から腹部との境にかけて黒、白、茶褐色の横帯がある。(Wikipedia』より)
e0139059_08275319.jpg
e0139059_20334732.jpg
e0139059_20340845.jpg
e0139059_20341950.jpg
e0139059_20350765.jpg
e0139059_20345246.jpg
e0139059_21065440.jpg
e0139059_21073715.jpg
e0139059_20354862.jpg
e0139059_20360853.jpg
 

by GannkoOyazi | 2018-09-26 08:18
<< 思い出の記 102 ヨタカ 思い出の記 100 秋の装い >>