思い出の記 98 チフチャフ

 チフチャフがいると、暮れに渡良瀬でコミミズクを撮っている時に教わったがパスしてしまった。気になっていたが、お正月をむかえ今日にになってしまった。幸いにも抜けずに居てくれたが、柳の小枝の中を細かく動き回り手こずらされているうちに芦原の方へ飛び去ってしまった。撮影時間は、現着して数分あっただろうか。ところで、この奇妙な鳥名は、さえずりの声が由来とのことであり、メボソムシクイの仲間とのこと。関東では9年ぶりだそうだ。(2017年1月 撮影)
e0139059_08251644.jpg
e0139059_08255245.jpg
e0139059_08263152.jpg
e0139059_08265288.jpg
e0139059_08271581.jpg
e0139059_08323728.jpg
e0139059_08300484.jpg
e0139059_08445250.jpg
e0139059_08303943.jpg
e0139059_08330777.jpg

by GannkoOyazi | 2018-09-15 08:20 | Comments(0)
<< 思い出の記 99 コマドリ 思い出の記 97 マミジロ >>