思い出の記 97 マミジロ

 マミジロを撮りたい一心で、何度かいろいろな所に足を運んだが行ったときに限って姿を見せてくれず自分には縁のない鳥と諦めていたが、2013年にようやく撮ることが出来た。
 夏季に中国北東部やロシア東部などで繁殖し、冬季は東南アジアへ南下し越冬する。日本では亜種マミジロが春季~夏季に北海道、本州中部以北のある程度標高の高い樹林で繁殖する。したがってこれらの地域では夏鳥である。一方、本州西部以南では渡りの途中に飛来(旅鳥)する。全長23.5cm。体重60-85g。眼上部には白い眉状の斑紋(眉斑)が入る。 嘴の色彩は黒い。後肢の色彩はオレンジがかった黄色。 オスは全身が黒い羽毛で覆われる。オスは全身が黒く、白い眉斑がより明瞭なことが和名の由来。メスは上面が緑褐色、下面が淡褐色の羽毛で覆われる。喉は白い羽毛で覆われる。
e0139059_21565694.jpg
e0139059_21523953.jpg
e0139059_17421485.jpg
e0139059_17425376.jpg
e0139059_17432883.jpg
e0139059_17435687.jpg
e0139059_21521687.jpg
e0139059_22075303.jpg
e0139059_21271082.jpg
e0139059_21290881.jpg
e0139059_21294750.jpg
e0139059_21322671.jpg
e0139059_21325684.jpg
e0139059_21324405.jpg

by GannkoOyazi | 2018-09-12 08:05 | Comments(0)
<< 思い出の記 98 チフチャフ (番外編) 縄文―1万年の美の鼓動 >>