思い出の記 91 ギンムクドリ

 ムクドリの仲間にもこんなに美形がいたのに驚かされた。体の背面を包む青色の濃淡がシックないろあいで、おしゃれな感じがする。石垣島には毎年、越冬のため渡って来るそうだが、これは都内の公園であり、迷鳥。
 全長24cm(ムクドリと同じ大きさ)。嘴の基部は赤く、先は黒い。足は橙褐色。後頚・背・体下面は灰褐色あるいは青灰色。初列風切基部には、大きな白斑がある。腰と下尾筒は灰白色。虹彩は暗褐色。メスは全体に褐色味が強く、後頚から背はやや色が淡い。中国南東部に分布し、一部はベトナム北部で越冬する。日本では、数少ない冬鳥または旅鳥として記録がある。記録のほとんどは日本海の離島や南西諸島のもので、与那国島や石垣島では毎冬、越冬している。
e0139059_09251917.jpg
e0139059_09254900.jpg
e0139059_09260626.jpg
e0139059_09263507.jpg
e0139059_09270216.jpg
e0139059_09422222.jpg
e0139059_09293408.jpg
e0139059_09292980.jpg
e0139059_09283008.jpg
e0139059_09430192.jpg
e0139059_22025678.jpg
e0139059_21571210.jpg
e0139059_21573120.jpg

by GannkoOyazi | 2018-08-15 08:25 | Comments(0)
<< 思い出の記 92 クロツグミ 思い出の記 90 ホシムクドリ >>