思い出の記 89 カラムクドリ

 昨日、ミサゴの海岸で出会った友人からすすめられカラムクドリを撮りに行った。小さな目が可愛い鳥だった。初見初撮り。(2015年1月撮影)
 日本では数少ない冬鳥または旅鳥として生息する。石垣島では冬鳥としてあまり稀ではないが、本州や奄美では稀な迷鳥である。 インドシナ半島では林縁部や村里の粗林で数羽の群れをごく普通に見かける。習性はコムクドリに似ている。全長19cm(コムクドリ程の大きさ)。翼長53-62mm、跗蹠長は24-27mm。雄成鳥は、頭部、背、下面は灰褐色。
e0139059_17465604.jpg
e0139059_17485825.jpg
e0139059_17492933.jpg
e0139059_18363070.jpg
e0139059_17495138.jpg
e0139059_17501121.jpg
e0139059_17503989.jpg
e0139059_17592779.jpg
e0139059_17582935.jpg
e0139059_17511555.jpg
e0139059_17513648.jpg
e0139059_17515662.jpg
e0139059_18373496.jpg

by GannkoOyazi | 2018-08-08 08:16 | Comments(0)
<< 思い出の記 90 ホシムクドリ 思い出の記 88 コムクドリ >>