思い出の記 75 ヘラサギ

 この2年前に飛来したクロツラヘラサギが再現かと思われたが、今度は、目の周りが黒くないヘラサギの若だった。2013年11月から12月過ぎまでの2ヶ月にわたって楽しませてくれた。
 本種の特徴であるくちばしは黒くて長く、先端がへら型をしている。これが名前の由来にもなっている。嘴の先端部は黄色。足は黒い。雌雄同色だが、雄の方がやや大きい。体長は約85cm。翼開長は約125cm。シラサギ類に似ているが、ダイサギよりも首が短く胴が太いため頑丈に見える。全身の羽毛が白い。夏羽では喉や胸が黄色みを帯び、後頭部に黄色の冠羽があらわれる。冬羽では冠羽が短くなる。
e0139059_13492723.jpg
e0139059_13494333.jpg
e0139059_13500266.jpg
e0139059_13503784.jpg
e0139059_13505877.jpg
e0139059_13425690.jpg
e0139059_13440025.jpg
e0139059_13464301.jpg
e0139059_13432577.jpg
e0139059_13444254.jpg
e0139059_13451629.jpg
e0139059_14023443.jpg
e0139059_13514602.jpg
e0139059_13521611.jpg

by GannkoOyazi | 2018-06-20 08:30 | Comments(0)
<< 思い出の記 76 アマサギ 思い出の記 74 アカガシラサギ >>