人気ブログランキング |

思い出の記 62 ハヤブサ

 戸隠高原のペンションで同宿の方から、子育て中のハヤブサの話を聞き翌日に戸隠での撮影を早めに切り上げ、一時間弱ほど車を回して現地へ向かう。ハヤブサは、断崖の石の間に営巣していた。親がカモだろうか大きな鳥を捉えて来て巣に運んだ。思いがけずにハヤブサの迫力あるシーンが撮れ、忘れられない思い出となっている。
 カラス大で、他のハヤブサ科より太く、がっしりとした感じ。全長:42~49cm 翼開長97~110cm。北九州、四国、本州中部以北の海岸の崖で繁殖し、冬は暖地に移動するものもある。湖沼や海岸の上空から急降下して、空中で水鳥などを捕らえる。市街地ではビル街で、よくドバトをねらう。幼鳥や若い鳥の上面は褐色で、腹に縦のしま模様。繁殖期はキッキッキッなどと鳴く。
e0139059_17102928.jpg
e0139059_17104542.jpg
e0139059_17143447.jpg
e0139059_17152516.jpg
e0139059_17150251.jpg
e0139059_17163728.jpg
e0139059_17170671.jpg
e0139059_17181847.jpg
e0139059_17185475.jpg
e0139059_17231450.jpg
e0139059_17233487.jpg
e0139059_17393476.jpg
e0139059_17395004.jpg
e0139059_18452920.jpg

by GannkoOyazi | 2018-05-05 08:21
<< 思い出の記 63 チゴハヤブサ 思い出の記 61 ツミ >>