思い出の記 60 モリムシクイ

 埼玉県幸手市の権現堂公園で10月29日、桜並木を飛ぶ珍しいモリムシクイが見られた。本来ならば、ヨーロッパや西シベリアで繁殖、アフリカなどで越冬するが、迷鳥として渡来したムシクイの仲間。全長は12センチほど。「ヒーヒー」と鳴き、虫を捕る。顔の黄色が鮮やかでふっくらした姿が愛らしい。モリムシクイは、日本ではこれまでに石川県舳倉島や北海道など数えるほど、関東では初めてとのことだ。
e0139059_16583811.jpg
e0139059_17235499.jpg
e0139059_17241565.jpg
e0139059_16591336.jpg
e0139059_16593377.jpg
e0139059_18443759.jpg
e0139059_18445612.jpg
e0139059_18452322.jpg
e0139059_18515700.jpg
e0139059_18423516.jpg
e0139059_18430435.jpg

by GannkoOyazi | 2018-04-28 08:18 | Comments(0)
<< 思い出の記 61 ツミ 思い出の記 59 メボソムシクイ >>