思い出の記 35 アトリ

 アトリの名は、群れを成し集まることからだそうである。渡りの時は、数千羽が固まっているとのことである。2016年には、そんな大群の光景を目の当たりにして驚愕した強烈な思い出がある。
 アトリの大きさは全長16cm。黄褐色を基調に黒、白を加えた羽色をもち、特に胸部の羽毛は橙褐色で目立つ。オスの夏羽は頭部が黒い。メスおよびオスの冬羽の頭部は褐色であり、メスはオスより色が薄い。(Wikipediaより)
e0139059_08232980.jpg
e0139059_08235131.jpg
e0139059_11285711.jpg
e0139059_21481755.jpg
e0139059_08225632.jpg
e0139059_21483155.jpg
e0139059_08555991.jpg
e0139059_08231430.jpg
e0139059_17575049.jpg
2016年2月 大群
 これほどの群れは、めったにないからと進められてアトリの大群を見に行った。男体山や日光連山を背景におびただしい数のアトリが見られたが、さらに午後になって、続々と群れが集まってくる。その光景は壮観で感動的だった。ここは、昨年9月の台風で水田が冠水し、多くは収穫できず放置された稲穂がアトリの大群を呼び寄せたとのことである。
e0139059_20032775.jpg
e0139059_10111668.jpg
e0139059_10113766.jpg
e0139059_21491326.jpg
e0139059_10123156.jpg
e0139059_08255831.jpg

by GannkoOyazi | 2018-01-31 08:21 | Comments(0)
<< 思い出の記 36 ベニヒワ 思い出の記 34 ハギマシコ >>