思い出の記 33 トラフズク

 トラフズクが川辺の竹藪で越冬に来るようになって5,6年になるだろうか。これまでに一度に4羽が目撃されたことがあったが、見えないところにもっといそうである。2008年には、川崎の方まで撮りに行ったことがあった。最近は、マイフイルドで見られるので冬の楽しみが増えた。
 トラフズクは全長38cm。頭部から背面の羽毛は灰褐色で、褐色の縦縞が入る。腹面の羽毛は黄褐色で、黒褐色の縦縞が入る。虹彩はオレンジ色。外耳状の羽毛(羽角)は発達する。(Wikipediaより)

越冬中のトラフズク(秋ヶ瀬で)
e0139059_22043896.jpg
e0139059_22081161.jpg
e0139059_09431246.jpg
e0139059_08552401.jpg
e0139059_20422111.jpg
e0139059_20415286.jpg
e0139059_08015945.jpg
e0139059_20260464.jpg
e0139059_20253213.jpg
e0139059_09202746.jpg
2008年12月 トラフズク初撮り(川崎)
e0139059_09205594.jpg


by GannkoOyazi | 2018-01-24 07:57 | Comments(2)
Commented by 銀狐の鳥見 at 2018-01-24 08:44 x
素敵な写真をありがとうございます。
私もおそらく同じ時期に近くで写真を撮っていたと思いますが、これらの写真の描写力に感動です。
Commented by GannkoOyazi at 2018-01-24 14:47
銀狐の鳥見 様
 コメントを有難うございます。
 貴ブログを拝見させていただき、オオタカなどの作品に感銘しました。
 私は、昨年の7月から体調不良のため10年余続けていた撮影を中断しています。
 そのため、これまでの写真の整理のつもりで、拙作のブログを継続しているところです。
 いつかまた、フイルドでお会いできることを楽しみにしています。
 「銀狐の鳥見」様の益々のご活躍を願っています。
<< 思い出の記 34 ハギマシコ 思い出の記 32 コミミズク >>