思い出の記 32 コミミズク

 コミミズクは冬の午後から夕暮れの撮影が主である。寒さに耐えながら鳥の出をひたすら待って撮るのであるが、不思議と辛い思い出は無い。期待に胸を膨らませて寒さを忘れていたのだろう。川島の土手上や渡良瀬遊水地など何度通ったことだろう。マイフイルドの秋ヶ瀬田んぼにコミミズクが現れ大勢のカメラマンを呼んだのは2008年だった。その他、思い出に残るシーンを選び出してみた。
 日本では冬季に越冬のため全国的に飛来する冬鳥。全長38.5cm。頭部から背面の羽毛は褐色。腹面の羽毛は薄褐色で、暗褐色の縦縞が入る。虹彩は黄色。外耳状の羽毛(羽角)が短い(小さい)ことが、名の由来。(Wikipediaより)

2008年3月 秋ヶ瀬田んぼ
e0139059_11131139.jpg
e0139059_11174120.jpg
2011年2月 飛び出し
e0139059_11304892.jpg
e0139059_17090806.jpg
2012年2月 飛翔
e0139059_11104195.jpg
e0139059_11110166.jpg
e0139059_11111883.jpg
2012年3月 枝止まり
e0139059_11181252.jpg
e0139059_11194897.jpg
2012年4月 菜の花
e0139059_11184827.jpg
e0139059_11191587.jpg
2014年2月 雪原
e0139059_11113748.jpg
e0139059_11115135.jpg
e0139059_11122044.jpg
2016年12月 捕食
e0139059_17092124.jpg
e0139059_11145955.jpg

by GannkoOyazi | 2018-01-20 08:17 | Comments(0)
<< 思い出の記 33 トラフズク 思い出の記 31 ケリ >>