人気ブログランキング |

青い鳥  ルリビタキ

e0139059_0204828.jpg



e0139059_0204956.jpg

 ルリビタキ♂をようやく近くで撮ることが出来た。今季は、なぜか目にするのは♀が多く早く青い鳥に会いたいと思っていたところ、今日はいきなり直ぐ近くの木々と枯れ草を行き来するところに出会えた。

e0139059_0204944.jpg

e0139059_020498.jpg

e0139059_0204944.jpg

e0139059_0204966.jpg

 このような美しいルリ色に装えるのに3年がかかっている。オオルリやコルリのオスは、生まれた年の秋には体のかなりの部分が青い羽毛に生え変わるのに対し、ルリビタキは2年目の秋の換羽でも、まだ青くならない。メスと同じ茶色い羽色のまま2年あまりを過ごすのだ。
 これは、成鳥からライバル視されて縄張りから追い出されるのを防ぐためとされている。また、最近では強いオスの縄張りにメスのふりをして侵入し、こっそりと本物のメスに近づこうという作戦ではないかと疑う説も、となえられている。
 そのため、下の写真は別の場所で撮ったものだが、メスなのかオスの若なのか悩まされることになる。 

e0139059_0204918.jpg

e0139059_0205041.jpg

e0139059_0205094.jpg


e0139059_0205033.jpg


by GannkoOyazi | 2008-12-07 16:36 | ルリビタキ
<< 大当たり ベニマシコ、ミヤマホ... 地に降りた  チョウゲンボウ >>