ストライブ  ツツドリ

e0139059_23211662.jpg



e0139059_23211761.jpg

 ツツドリが朝日を浴びて気持ち良さそうだ。6時半にカメラをセットして直ぐのことだ。
天候がくずれるとの予報のためかカメラマンは、先に来ていた一人だけだった。
 昨日、一昨日は、2、30人のカメラマンが集まり大変だったと言い、さらにその人は、今日は人がいないから、こんな良い所にとまってくれた。満足だと、うれしそうに言って、帰ってしまい一人だけ残された。確かにツツドリが、枝葉が被らず全身が見える所に現れることは少ない。

e0139059_23211752.jpg

e0139059_23211729.jpg

 胸のストライブが、青灰色の上面に比べ対象的で際立っている。この横斑は、カッコウよりも粗く太い。大胆なストライブ模様の妙に感心するばかりだ。
 ツツドリの名は、ポポ、ポポという鳴き声が筒をたたく音と似ていることによるそうだ。

e0139059_23211762.jpg

e0139059_23211779.jpg

 桜の並木に上空から滑るように渡ってくる。翼を広げると、かなり大きく見応えがある。
秋の初め頃、繁殖した子とともに、東南アジアやオーストラリアに帰って行く。あと少しの間だが十分にスタミナを備えられると良いのだが。ツツドリの好物は毛虫だ。

e0139059_2321171.jpg

e0139059_23211811.jpg


by GannkoOyazi | 2009-08-30 18:30 | ツツドリ | Comments(2)
Commented by Fuji at 2009-08-31 09:31 x
本当に素晴らしいですね(o^-^o)
こんなに鮮明で美しく表情豊かな
ツツドリの写真を
拝見したことがないので驚きです[E:sign03]
Commented by ブラックコーヒー at 2009-08-31 20:15 x
Fuji 様
 こんばんは。
ツツドリといえば、これまで遠くで葉陰でといった経験ばかりでしたので
ラッキーでした。ただ空抜けが、口惜しく再チャレンジしたいものです。
カッコウ科の鳥は、例の托卵の習性から憎らしいような気がしていました
が、見直しました。
 いつもコメントを有難うございます。
<< 照ヶ崎海岸  アオバト マイフィルドの森へ  アオゲラ >>