お山の水場  キクイタダキ

e0139059_23205576.jpg


 キクイタダキが水場にやってきた。
日本で見られる鳥のなかで最小といわれ、そのうえ動きが素早く、春には平地に降りてきていたが、ずいぶん撮影に手を焼かされたものであり、宿敵に再会したような気分だった。そして、またもや返り討ちにあった。
 メスの色合いがやや薄いくらいでほぼオスメス同色であるが、オスは頭のてっぺんの黄色の中に、さらに赤色がある。

e0139059_23205671.jpg

e0139059_23205692.jpg

 キクイタダキの名は、頭の天辺の鮮やかな黄色を菊の花びらに見立てたものであるが、ヨーロッパでは「黄金の王冠」として、鳥の王の意味の名で呼ぶ国が多いとのことである。ルクセンブルクでは、国鳥に定めている。そのルクセンブルクは、王様が政治まで統治する世界で現在唯一の大公国であったように記憶しているが、その国鳥とは、キクイタダキもずいぶん重んじられているものだ。

e0139059_23205668.jpg

e0139059_2320569.jpg

 水を浴びると、濡れたモップのようになってしまうので、その前に撮るつもりで構えていたが間に合わなかった。

e0139059_23205679.jpg

e0139059_23205627.jpg

(左のアクセス地域ランキングは、前日のものです。)


by GannkoOyazi | 2009-07-24 10:53 | キクイタダキ | Comments(2)
Commented by Fuji at 2009-07-27 10:24 x
キクイタダキ様にまだお目にかかったことは
ありませんが小鳥の中の最小なんですか~!
小さい上に動きが速いそうなのに流石見事にキャッチされて、、
ため息がでます(o^-^o)
鳥の頭に菊の紋章と見立てられたり、ヨーロッパでは王冠に見立てられてと
素晴らしいですね
格式ある小さな王国ルクセンブルグの象徴なのでしょうか[E:wink]。
Commented by ブラックコーヒー at 2009-07-27 20:16 x
Fuji 様
 キクイタダキは、スズメ(体長15センチ)よりもかなり小さく体長10cm
体重5グラムです。なにしろ、カマキリに捕食されるのですから。
 最近は都市の公園でも春先に見られますので、来年は是非Fujiさんも
挑戦してみてください。ただし、少しもじっとせず、枝を飛び交いますので、
ストレスにご注意して撮影のほど。
小悪魔との出会いを、祈ってます。
<< お山の水場  お馴染みさん 奥庭の人気者  ホシガラス >>