奥庭で キクイタダキほか  

暑中お見舞い申し上げます

  ご高覧くださっています皆様どうぞお体にお気をつけ下さい。

  
       

e0139059_16203513.jpg


e0139059_16203656.jpg








 梅雨の合間に突然のぞいた32度の猛暑から逃れたく蓮ヨシゴイの現地から急遽、お山の水場に向かった。さすがに2300mの高所だけに気温18℃と、半袖では肌寒いほどだった。これで今回の目的は半分達した気分で、水場を素通りしてホシガラスとの出会いを求めて奥庭を散策したがそうは問屋が卸さない。
しかし見頃のシャクナゲやベニバナイチヤクソウに満足し、他に泊まり客のない山荘に宿泊した。(撮影日7月10・11日)










 


e0139059_16203661.jpg

e0139059_16203620.jpg

e0139059_16203736.jpg

e0139059_1620372.jpg

 翌日は、 水場で常連の小鳥達の訪れるのを眺めながらキクイタダキの到来を待った。ルリビタキは水場の後の林に営巣しているもようだ。メボソムシクイ、ウソも、たびたび水浴びを繰り返すが、肝心のキクがなかなか姿を見せない。

e0139059_16203736.jpg

e0139059_16203781.jpg

e0139059_16203714.jpg

 風が強く吹き始め、雲行きがあやしくなってきたこともあり撤収を考えていた時に、キクイタダキが現れた。残念なことに水場の縁の岩陰からいきなり、水に入ってしまった。

e0139059_16203815.jpg
 
e0139059_16203848.jpg

e0139059_16203893.jpg






by GannkoOyazi | 2010-07-18 18:33 | キクイタダキ | Comments(0)
<< とまりもの カワセミ 豪邸  アオバズク >>