タグ:ホオアカ ( 4 ) タグの人気記事

菜の花  ホオアカ

 菜の花が、土手を覆いつくすように咲き競っていた。その先には、雪をまとった富士山が望まれる絶好のロケーションだったが、今日はあいにくホオアカを見ることが出来なかった。仕方がないので前にここで撮ったものを添える。
e0139059_12072139.jpg
e0139059_12074853.jpg
e0139059_12081586.jpg
e0139059_12083318.jpg
e0139059_12085213.jpg
e0139059_12090110.jpg
e0139059_12092716.jpg
e0139059_12094222.jpg

by GannkoOyazi | 2017-03-17 15:24 | ホオアカ | Comments(0)

水たまり 2 ホオアカ

 一昨日の水溜りが涸れるほどに小さくなって氷が張っていた。水が飲めるように、氷を割って取り除くと待っていたように直ぐに小鳥たちがやってきた。その中に、探していたホオアカが混じっていた。ホオジロとのツーショットも見ることができた。
e0139059_21055571.jpg
e0139059_22261992.jpg
e0139059_21061737.jpg
e0139059_21053149.jpg
e0139059_21060181.jpg
e0139059_21062519.jpg

by GannkoOyazi | 2014-01-28 21:23 | ホオアカ | Comments(2)

撮り納め コミミズク、ホオアカ、ホオジロ

 コミミズクに昨日ようやく出会うことが出来た。 せっかくマイフィルドの田んぼに姿を見せているのに、どうにも相性が悪かった。風もなく絶好の条件と思われても飛ばなかったり、行かない日に限って出が良かったと、聞かされたりする。今日もそのようだった。
 昨日も、狙いと反対側に現れ遠過ぎて証拠写真にしかならなかった。年末年始の休みとはいえ少しは部屋の片付けもしないわけにはいかず、休日バーダーも残念ながら今年の撮り納めとする。



e0139059_18211686.jpg


e0139059_18211788.jpg

e0139059_18211730.jpg
 
e0139059_18211729.jpg

 コミミの出を待っていた土手で思いがけないことにホオアカとホオジロが西日を受けてじっとしているのをみつけた。まるで、今年の撮り納めをうながすように。紅白の揃い踏みである。

e0139059_18211716.jpg

e0139059_18211798.jpg

e0139059_18211786.jpg

e0139059_18211879.jpg
   


by GannkoOyazi | 2011-12-30 21:39 | コミミズク | Comments(2)

高原で ノビタキ、ホオアカ

e0139059_19211576.jpg

 清涼な空気とそして花と小鳥の姿を求めて早めの夏休みを取って高原へ。21日一泊の小遠征は、爽やかな風と花には恵まれたが肝心の小鳥さんは、期待通りとはいかなかった。
 それでも、ウグイスの鳴き声を一日中聞きながら湿原を歩き、ノビタキ、ホオアカなどを撮った後、ペンションにチェックインした3時から夕暮れまでと、翌朝、湿原を目の前にするベランダで、コーヒーカップをかたわらに、ひたすらボンヤリし、最高の気分だった。

 ノビタキ(♂)の黒い夏羽は、ボロッチク見えるが、褐色の冬羽がすり切れて現れるとのことである。



 



e0139059_19211558.jpg



e0139059_19211597.jpg



e0139059_19211519.jpg



e0139059_1921162.jpg



 頬の赤い斑が良く目立ち、まさに紅顔の美少年と言ったところだった。そして、梢のてっぺんで、さえずる姿が高原のあちこちで見られた。

e0139059_19211659.jpg



e0139059_19211672.jpg

e0139059_19211616.jpg

 この子は、まだ幼鳥のようであるが、ノビタキと一緒に行動することが多いのでノビタキの雛と思ったり、背中の模様からホオアカとか、眉斑がないが、コヨシキリの幼鳥かと思ったりするが、お手上げ状態。どなたか、ぜひとも名をご教授ください。名がわからないがカラマツソウにとまる姿が絵になっていた。
  (補足:アップ後、図鑑等を調べた結果ノビタキの幼鳥と判明。ペンション付近に沢山いて人に対する警戒心もまだ少なく近くに寄っても逃げようとしないノビタ君でした。お騒がせしました。胸のつかえが降りたので写真も一枚追加)



e0139059_19211672.jpg


e0139059_19211677.jpg



e0139059_19212089.jpg


 ゼンテイカは、この時期の高原の花の代表格であるが、なぜかニッコウキスゲの別称でしか呼ばれない。
 ほかに、同じキスゲの仲間のユウスゲ、ノアザミ、ハクサンフウロなど沢山の花が湿原を彩っていた。



e0139059_19212085.jpg





e0139059_19212099.jpg



e0139059_19212015.jpg





 


 


by GannkoOyazi | 2008-07-23 13:00 | ノビタキ | Comments(0)