タグ:チョウゲンボウ ( 8 ) タグの人気記事

クヌギ雄花  マヒワ、チョウゲンボウ

 昨日は、目指した鳥は抜けてしまい森は再び寂しくなってしまった。それでも、クヌギの雄花がスダレのように垂れ下がる中にマヒワの群れがいた。クヌギの巨木の高い所で、なかなか抜けて撮れなかったが見上げるうちに首が痛くなってきたのであきらめる。チョウゲンボウがその広場の上空を旋回した。
e0139059_16533539.jpg
e0139059_16535456.jpg
e0139059_16542066.jpg
e0139059_16544556.jpg
e0139059_16550515.jpg
e0139059_17182123.jpg
e0139059_16555871.jpg
e0139059_17344217.jpg
e0139059_17353239.jpg

by GannkoOyazi | 2017-04-15 08:33 | マヒワ | Comments(0)

空振り  チョウゲンボウ、ノスリ

 昨日、北風に吹かれながら待つが、とうとう目的の鳥は飛ばなかった。チョウゲンボウが遠くの原に降りて、羽繕いをする。現地に向かう前の空では、ノスリが舞っていた。幸先良しとばかり張り切って出かけたのだが空振りだった。しかたがないので、試しに撮ったもので穴埋めに、容赦。
e0139059_08315262.jpg
e0139059_08323018.jpg
e0139059_08325340.jpg
e0139059_08344215.jpg
e0139059_11021338.jpg
e0139059_11120210.jpg
e0139059_11122037.jpg
e0139059_11243624.jpg

by GannkoOyazi | 2016-12-12 11:56 | チョウゲンボウ | Comments(0)

贈り物  チョウゲンボウ、カッコウ

 青空の下で、カッコウを撮りたかった。現着してすぐに、なんとチョウゲンボウが飛んできてカッコウの定位置にとまった。思わぬ贈り物にあわててカメラを向ける。幸先の良いのを喜んだが、チョウゲンボウが災いしたのか、肝心のカッコウは出が悪かった。午後になるまで鳴き声さえ聞けなかった。せっかくの青空もすっかり白い雲に覆われてしまった。
e0139059_20324800.jpg
e0139059_13290657.jpg
e0139059_17175858.jpg
e0139059_17183448.jpg
e0139059_17185326.jpg
e0139059_17191698.jpg
e0139059_17193273.jpg
e0139059_17221394.jpg

by GannkoOyazi | 2016-05-27 09:52 | カッコウ | Comments(0)

急降下  チョウゲンボウ

チョウゲンボウが電柱の天辺から一気に急降下した。
何かを口にしたと思ったら、再び飛び上がり元の所へ。
あの高さから餌を見つける能力に、ただ驚くばかりだ。


e0139059_022545.jpg

e0139059_0225491.jpg

e0139059_0225476.jpg

e0139059_0225493.jpg

e0139059_0225483.jpg

e0139059_0225570.jpg

e0139059_0225551.jpg

e0139059_0225587.jpg

e0139059_0225574.jpg


by GannkoOyazi | 2013-12-14 20:31 | チョウゲンボウ | Comments(0)

捕 食  チョウゲンボウ

チョウゲンボウが、すぐ近くに餌を獲りに降りてきた。
青灰色の頭が、剃髪の坊さんに見立てられて長元坊の字が当てられる。
長元と言う坊さんは、村の飢饉を救うため断崖で命をかけて断食したとか
破戒僧だったとか諸説あるようだ。一方、蜻蛉の方言であるゲンザンボー
に由来し当て字との説もあるが、見たところ坊さん説に軍配を上げたい。
何れにしても、この鳥に気品を感じる。妙な鳥名に興味をひかれて調べた。



e0139059_022501.jpg


e0139059_0225080.jpg

e0139059_0225075.jpg

e0139059_0225042.jpg

e0139059_0225187.jpg

e0139059_0225155.jpg

e0139059_0225182.jpg
 
e0139059_0225144.jpg
 
   


by GannkoOyazi | 2013-12-11 16:40 | チョウゲンボウ | Comments(0)

飛 翔  チョウゲンボウ

田おこしの田に、チョウゲンボウが降りると聞き出かけた。
チョウゲンボウは、全長 30–35 cmハト大の小型の猛禽。
翼を広げると 70–80 cm になる。タカ目ハヤブサ科の鳥。
近くで見ることが出来、羽の色や緻密な模様に魅せられた。

e0139059_0224849.jpg


e0139059_0224853.jpg

e0139059_0224957.jpg

e0139059_0224988.jpg

e0139059_0224951.jpg

e0139059_0224985.jpg

e0139059_0224999.jpg

e0139059_0225092.jpg


by GannkoOyazi | 2013-12-08 21:58 | チョウゲンボウ | Comments(0)

空と湖  チョウゲンボウ、オシドリ

e0139059_18214374.jpg
e0139059_18214437.jpg
e0139059_18214426.jpg
 チョウゲンボウが、大空で北風にあおられながらホバリングを繰り返していた。オシドリが、湖水で上空を気にしながらデートを楽しんでいるようだった。
e0139059_18214431.jpg

e0139059_18214433.jpg
e0139059_18214439.jpg
e0139059_18214545.jpg
e0139059_18214519.jpg

by GannkoOyazi | 2012-02-18 17:02 | チョウゲンボウ | Comments(0)

地に降りた  チョウゲンボウ

e0139059_0204710.jpg

 
 チョウゲンボウが葦原の淵に降りてバッタのような昆虫を捕えていた。チョウゲンボウは、ハヤブサ科の猛禽であるが、草地を走りながら次々に昆虫を捕まえる様子は、小鳥のようでイメージダウンだった。それでも、長い尾の鷹羽には、風格があった。



e0139059_0204736.jpg



e0139059_0204892.jpg

e0139059_0204842.jpg

e0139059_0204813.jpg

e0139059_0204872.jpg

 チョウゲンボウ(長元坊)とは、意味ありげな名であるが、語源には定説がない。下から見た飛ぶ姿がヤンマ(トンボ)に似ていることから、ヤンマの方言「ゲンザンボー」から「鳥ゲンボー」にという説や、オスの青灰色の頭から、お寺の 長元 坊さんを連想して命名されたとの説などが知られる。








by GannkoOyazi | 2008-12-06 17:59 | チョウゲンボウ | Comments(0)