ハンノキの実  マヒワ

 マヒワの群れが飛んできて、榛の木(ハンノキ)の実を夢中で啄んだ。マツカサのような実に、くちばしを差し込むようにして種を取り出して食べては、下の池に降りて水を飲む。50羽程の群れで黄色いオスが多く、目立っていた。しかし、葉の下であり、曇天のため色が出るか気がかりだった。
e0139059_17535695.jpg
e0139059_17593966.jpg
e0139059_15040605.jpg
e0139059_15015260.jpg
e0139059_15012969.jpg
e0139059_15024552.jpg
e0139059_16315062.jpg
e0139059_15030518.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-11-14 16:07 | マヒワ | Comments(0)

珍 鳥  モリムシクイ

 モリムシクイは、図鑑にも載っていない珍鳥とのことである。英国から北欧、西ロシアにかけてのユーラシア大陸西部に生息し、冬はアフリカに渡る。国内では日本海側や北海道でわずかに確認され、渡りのルートを間違った「迷鳥」の可能性が高いという。今回は、県内で比較的に近場であるが、100人も200人ものカメラマンが押し掛けていると聞き敬遠していたが、今後いつ見られるかわからないので騒動を覚悟で重い腰を上げた。モリムシクイは、落葉が進む桜並木をちょこちょこと飛び回り、なかなか撮らせてくれなかったが、少し太めで喉から胸にかけてのレモンイエローが美しいムシクイだった。

e0139059_21163027.jpg
e0139059_21170395.jpg
e0139059_21172130.jpg
e0139059_21184950.jpg
e0139059_14461093.jpg
e0139059_15101530.jpg
e0139059_21200172.jpg
e0139059_14422286.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-11-08 16:17 | モリムシクイ | Comments(0)

大失敗  メボソムシクイ

 メボソムシクイに4回目でようやく出会うことが出来た。それなのに、とんだミスをした。飛びものを狙った時のISO感度になったままで撮っていた。その結果、真っ白に色がとんでしまい明るい所で撮ったものは、すべて消すハメになった。よく出るポイントなのに3回も空振りだったり、せっかくのチャンスにミスをしたりと散々だが、これを薬にするしかないようだ。
e0139059_16201653.jpg
e0139059_16195001.jpg
e0139059_16230543.jpg
e0139059_16394320.jpg
e0139059_16215370.jpg
e0139059_16221991.jpg
e0139059_16232290.jpg
e0139059_16234979.jpg
e0139059_16243678.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-11-06 17:35 | メボソムシクイ | Comments(0)

今季初  アトリ

 第12回秋ヶ瀬野鳥クラブ写真展「秋ヶ瀬の鳥たち」(11月5~13日)が始まりました。どうぞ、ご高覧ください。 
写真展の展示前に、近くの川辺に。狙っていた鳥さんには会えなかったが、アトリが姿を現した。アトリは、今季初のお目見えだ。いつもより早く初撮りが出来た。冬鳥の到来が順調に進んでいるようであり、今季は冬鳥に恵まれそうな気がする。

e0139059_13202111.jpg
e0139059_13205444.jpg
e0139059_13192021.jpg
e0139059_13194662.jpg
e0139059_13180124.jpg
e0139059_20423680.jpg
e0139059_13213113.jpg
e0139059_17123160.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-11-05 17:37 | アトリ | Comments(0)

ムクノキ  アカハラ、マミチャ

 ムクノキの実を啄むアカハラやマミチャを狙ったのだが、光線の良い所には出てくれず、おまけに強い風に枝が揺れ動き失敗に終わった。やむなく水場に。シロハラやアカハラ、マミチャジナイ、シメなどで水場は大賑わいだった。
e0139059_15431541.jpg
e0139059_15432921.jpg
e0139059_15435840.jpg
e0139059_15442043.jpg
e0139059_15444812.jpg
e0139059_15450839.jpg
e0139059_15551149.jpg
e0139059_15455004.jpg
e0139059_15461518.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-11-04 16:38 | アカハラ | Comments(0)

到 来  マミチャジナイ、アカハラ

 マイフイルドの森にいよいよ冬鳥が。マミチャジナイとアカハラが同じポイントに出て紛らわしい。シナイはツグミの古名で、マミチャジナイは眉の茶色いツグミの意味である。因みに、アカハラの古名はチャジナイとのこと。日本では主に渡りの途中に飛来する旅鳥。夏季に中華人民共和国北東部やロシア東部で繁殖し、冬季になると東南アジアへ南下し越冬する。

マミチャジナイ
e0139059_17591776.jpg
e0139059_17584906.jpg
e0139059_18010722.jpg
e0139059_18300881.jpg
e0139059_18013572.jpg
e0139059_18020326.jpg
アカハラ
e0139059_18024708.jpg
e0139059_18204204.jpg
e0139059_18032796.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-11-02 20:18 | マミチャジナイ | Comments(0)

錦 秋  鏡池

 戸隠連山は、その姿を雲に半分隠し、山容を映す鏡池はさざ波で姿をとどめられなかったがいっそう神秘的な感じを深めていた。目的のムギマキに出会えず鳥撮りには失敗したが、錦秋の風景を満喫し、新ソバを堪能することが出来た。

e0139059_11343944.jpg
e0139059_13430077.jpg
e0139059_11413589.jpg
e0139059_11353251.jpg
e0139059_11572741.jpg
e0139059_11581515.jpg
e0139059_12025392.jpg
e0139059_11290421.jpg
e0139059_16551760.jpg
e0139059_17063456.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-10-29 18:01 | 写真 | Comments(0)

ルビー  ノゴマ

 渡りの途中のノゴマを、今年も撮ることが出来た。これも、いろいろと、ご尽力される方々があってのことであり深く感謝申し上げます。ノゴマの、ルビーのような鮮やかな赤い喉は、なんとも印象的であり、いつもながら感激する。「日の丸」という愛称があり、英名でも Ruby throat(ルビー色の喉)と呼ばれている。
# by GannkoOyazi | 2016-10-26 13:25 | ノゴマ | Comments(0)

苅 田  ケリ

 路肩で一息入れていた時、見上げた空に十数羽のケリが飛翔するのが見受けられた。田んぼに、来そうなので車を農道に乗り入れた。苅田に降りたので、そっと近づくが直ぐに飛ばれてしまった。田の外れの竹林のてっぺんにノスリがいた。
e0139059_18575463.jpg
e0139059_21483915.jpg
e0139059_18490769.jpg
e0139059_20163981.jpg
e0139059_20510311.jpg
e0139059_08012468.jpg
e0139059_08015590.jpg
e0139059_18582596.jpg
e0139059_18584851.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-10-25 15:53 | ケリ | Comments(0)

ドングリ 2  カケス

 ごま塩頭のカケスには、「ご同輩」のような親しみを感じる。また、淡褐色の体に青、黒、白の羽は、なかなかシックで美しい。そして、冬に備えてドングリを口にいっぱいにしては、運ぶ働きぶりは、呑気に過ごす吾が身が恥ずかしいくらいだ。
e0139059_11085492.jpg
e0139059_11254551.jpg
e0139059_11262370.jpg
e0139059_09444771.jpg
e0139059_11265699.jpg
e0139059_09451927.jpg
e0139059_09454380.jpg
e0139059_09455816.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-10-23 14:53 | カケス | Comments(0)

水辺の忍者  ヨシゴイ

 田の水路に、今季初お目見えのジョウビタキを見にいったが、枯草にもぐりこんでしまった。そのかわり、ヨシゴイをなんとこの時期に撮ることが出来た。白い腹部と縦班から幼鳥とのことである。ヨシの茎にじっと掴まり獲物を待ち小魚が近づいた瞬間、首を伸ばし一瞬で仕留めた。ヨシゴイの狩りの成功率は90パーセント、動物界トップクラスという名ハンターであり、一日の大半を水辺で過ごし姿を隠していることから、水辺の忍者と称されるそうだ。
e0139059_13275094.jpg
e0139059_13283187.jpg
e0139059_13435594.jpg
e0139059_13290552.jpg
e0139059_13293707.jpg
e0139059_13301029.jpg
e0139059_13303501.jpg
e0139059_13264563.jpg
e0139059_13270859.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-10-22 16:43 | ヨシゴイ | Comments(0)

ドングリ 1  カケス

 秋の森は、小鳥のさえずりも消え静まり返っているなかで、カケスの鳴き声が響く。我々シルバー世代には、春日八郎の ♪ 泣けた泣けた こらえきれずに泣けたっけ あの娘と別れた哀しさに 山のカケスも鳴いていた 一本杉の 石の地蔵さんのよ村はずれ ♪ が思い浮かぶところだが、さて実際のカケスの鳴き声といったら、しわがれた、ジエー、ジエーと耳障りな鳴き声であり、別れの哀切さや情感などまったく感じられないが・・・。
e0139059_15492045.jpg
e0139059_15501150.jpg
e0139059_15283802.jpg
e0139059_15190295.jpg
e0139059_15141702.jpg
e0139059_15134874.jpg
e0139059_15154054.jpg
e0139059_15165124.jpg
e0139059_15160710.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-10-21 16:52 | カケス | Comments(0)

秋ヶ瀬の鳥たち  写真展のお知らせ

 第12回秋ヶ瀬野鳥クラブ写真展「秋ヶ瀬の鳥たち」の開催(11月5~13日)が迫りました。どうぞご高覧くださるようお願いいたします。深まりゆく秋の野では、モズの高鳴きが響き渡り季節の移ろいが感じられます。そんなひと時に、写真展をお楽しみいただければ幸いです。

e0139059_15393128.jpg
e0139059_16315744.jpg
e0139059_15404466.jpg
e0139059_15401295.jpg
e0139059_15490099.jpg
e0139059_15514931.jpg
e0139059_15492363.jpg
e0139059_16262483.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-10-20 16:29 | モズ | Comments(0)

青 空  エゾビタキ

 天気予報では曇りがちとのことだったが、素晴らしい青空が広がり、気温もぐんぐん上がった。上着を脱いで腕まくりをするほどだった。エゾビタキは、この陽気に南方の越冬地へ渡るのを忘れたように、葉が落ちはじめた桜の梢を気持ち良さそうに飛び交っていた。

e0139059_15513351.jpg
e0139059_15551501.jpg
e0139059_15521094.jpg
e0139059_16383875.jpg
e0139059_16030167.jpg
e0139059_16274174.jpg
e0139059_16033093.jpg
e0139059_15505737.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-10-18 18:09 | エゾビタキ | Comments(0)

クサギの実  エゾビタキ

 エゾビタキが、まだ越冬地に向かわずクサギの木の周りを飛び交っていた。実を獲るときも、虫を捕らえるときのフライングキャッチのように、枝にとまらずにホバリングしてくわえていた。クサギの名は、葉に異臭があることからだそうだ。また、実は草木染に使われる。天然のもので、青色に染められるのは藍(あい)と、クサギの実、この二つだけとのことである。
e0139059_14301506.jpg
e0139059_14311814.jpg
e0139059_14120432.jpg
e0139059_14105728.jpg
e0139059_14215907.jpg
e0139059_20404168.jpg
e0139059_14125905.jpg
e0139059_20410925.jpg
e0139059_14133331.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-10-14 17:11 | エゾビタキ | Comments(0)

伊達姿  キビタキ

 キビタキのオスの、黒と白の背面にオレンジと黄色の喉と腹部の大胆な配色には、プロのデザイナーが感嘆したと言う話を聞いたことがある。久しぶりに、その姿をまぢかで見ることが出来たが、まさに伊達姿の男前にあらためて感銘を受けた。
e0139059_21015927.jpg
e0139059_20471133.jpg
e0139059_20492813.jpg
e0139059_20480848.jpg
e0139059_23022053.jpg
e0139059_22031372.jpg
e0139059_22035088.jpg
e0139059_21023850.jpg
e0139059_20505704.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-10-13 22:59 | キビタキ | Comments(0)

ソバ畑(3)  ノビタキ  

 一昨日の午後に行ったソバ畑に、コスノビを撮りたくて再び昨日の朝からソバ畑へ。ノビタキはソバ畑から離れず、コスノビは残念ながら果たせなかった。これまで満足に撮れなかったソバノビが撮れたので、昼前に引き上げた。
e0139059_20543099.jpg
e0139059_10115263.jpg
e0139059_10124571.jpg
e0139059_20545966.jpg
e0139059_11182411.jpg
e0139059_10390436.jpg
e0139059_08530559.jpg
e0139059_10145946.jpg
e0139059_20575549.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-10-12 11:25 | ノビタキ | Comments(0)

ソバ畑(2)  ノビタキ  

 ソバの花に止まるのを撮りたくて、懸命にカメラを構えるこちらの思惑なぞ当然のことながら、おかまいなく自由気ままなように飛び回り、あちこちに止まるノビタキが羨ましくもあった。なかでもコセンダングサとキクがお気に入りのようだった。
e0139059_21452922.jpg
e0139059_21455917.jpg
e0139059_21451115.jpg
e0139059_22205585.jpg
e0139059_21525895.jpg
e0139059_21532137.jpg
e0139059_21542692.jpg
e0139059_21550692.jpg
e0139059_21552908.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-10-11 22:12 | ノビタキ | Comments(0)

ソバ畑(1)  ノビタキ  

 今年は、もうだめかと諦めていたソバの花に絡むノビタキに、思いがけずに近場の畑で、出会うことが出来た。また、畑の一角に咲いていたピンク色の花にノビタキが。花は、案内によればアマクリナム(アイリスとハマユウの仲間のクリナムとの交配種)とのこと。
e0139059_22475906.jpg
e0139059_22464047.jpg
e0139059_22471443.jpg
e0139059_22474018.jpg
e0139059_22444173.jpg
e0139059_22445888.jpg
e0139059_22452936.jpg
e0139059_22455680.jpg
e0139059_23422219.jpg

# by GannkoOyazi | 2016-10-10 22:35 | ノビタキ | Comments(0)

水路の畔  ノビタキ

 このところ、いろいろ事情があってカメラを持って出歩くことが出来なかった。ようやく落ち着いたので。久しぶりにマイフイルドへ。田んぼの水路の畔で、ノビタキを撮る。
e0139059_14512703.jpg
e0139059_15094349.jpg
e0139059_14522473.jpg
e0139059_14524062.jpg
e0139059_14525363.jpg
e0139059_14531522.jpg
e0139059_14540069.jpg
e0139059_15102091.jpg


# by GannkoOyazi | 2016-10-06 16:59 | ノビタキ | Comments(0)