<   2016年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

惨 敗  ソバノビ

 今日は自分としては特別に早い5時に、一昨日のリベンジのつもりで出かけたが返り討ちに合った。惨敗に次ぐ惨敗だ。ノビタキは、ネギやトウモロコシには、良く止まるものの肝心のソバには、ほとんど寄り付かなかった。なんとか撮れたのは一枚だけだった。カモネギと言うが、ノビネギでは、話にもならず悔しさがつのるだけだ。

赤城山をのぞむ
e0139059_16552165.jpg

反対側に榛名山が
e0139059_17022819.jpg
e0139059_16563343.jpg
e0139059_16561939.jpg
e0139059_16572112.jpg
e0139059_18163800.jpg
e0139059_16583178.jpg
e0139059_16591988.jpg
e0139059_16590250.jpg

by GannkoOyazi | 2016-09-30 18:10 | ノビタキ | Comments(0)

シギチ  アオアシシギとコアオアシシギ

 マイフイルドの森でサンコウチョウやキビタキのオスとメスを見ることが出来たが、撮ることは出来なかった。あきらめて退散した帰りに、伊佐沼に立ち寄る。シギチは、苦手で良く見分けがつかないのだが、間違いないだろうか。

アオアシシギとコアオアシシギ
e0139059_14235471.jpg

e0139059_14531541.jpg
e0139059_14242488.jpg
e0139059_14240870.jpg
コアオアシシギ
e0139059_14245566.jpg
アオアシシギ
e0139059_14540249.jpg
セイタカシギとコアオアシシギ
e0139059_14251343.jpg
e0139059_14252754.jpg
シロチドリ
e0139059_08550904.jpg
e0139059_14571764.jpg

by GannkoOyazi | 2016-09-25 15:21 | アオアシシギ | Comments(0)

秋の田  ノビタキ

 秋の田にノビタキが来ていると聞いても、このところの長雨にわずらわされ、なかなか撮りに行けずにいた。今日は、所用があって昼前までの時間に限られたが、雨の心配がなさそうなので、ともかくノビタキだけでも見たくて出かけてみた。

e0139059_14094777.jpg
e0139059_14202124.jpg
e0139059_12370464.jpg
e0139059_12371970.jpg
e0139059_12373405.jpg
e0139059_12362796.jpg
e0139059_16270522.jpg
e0139059_13280527.jpg
e0139059_13283019.jpg

by GannkoOyazi | 2016-09-21 15:07 | ノビタキ | Comments(0)

珍 鳥  キガタホウオウ

 昨日、キガタホウオウと言う珍鳥が見られると知り、荒川土手に出かけてみた。土手の草地で草の実を食んだり、草の中で羽を休める様子がうかがえたが、草被りで容易にシャッターを押すことが出来ない。なんとか草地を渡るときを狙って撮った。
 キガタホウオウ(黄肩鳳凰)は、スズメ目 ハタオリドリ科 キンランチョウ属でアフリカで生息するとのことである。
e0139059_17563942.jpg
e0139059_16194339.jpg
e0139059_20443840.jpg
e0139059_16155361.jpg
e0139059_16080212.jpg
e0139059_16065036.jpg
e0139059_16054659.jpg
e0139059_16072468.jpg
e0139059_16044646.jpg
e0139059_16083249.jpg

by GannkoOyazi | 2016-09-16 17:49 | キガタホウオウ | Comments(0)

秋の装い  シュウカイドウ、キバナアキギリ、カンボク

 猛暑の夏を乗り切った野草が、しっかりと秋の装いを身に着けていた。カリガネソウやクサボタン、キバナアキギリなどの花たちと一年ぶりの出会いが楽しめた。ただ、木の実の着きは思わしくなく、楽しみにしていたツリバナやサワフタギなどは、まったく実をつけていなかった。そんななかで、カンボクが真っ赤な実をたわわにつけ、ヤマホウシが少ないながらも実をつけていたのに救われた。

(上段から)シュウカイドウ、シュウメイギク、シュウメイギク、キバナアキギリ、カリガネソウ、ノカンゾウ、クサボタン、ツリフネソウ、シモバシラソウ、ヤマボウシ、カンボク)

e0139059_12500258.jpge0139059_12501611.jpge0139059_12513916.jpge0139059_12522395.jpge0139059_12511042.jpge0139059_12504929.jpge0139059_12534251.jpge0139059_12541223.jpge0139059_12542915.jpge0139059_12544692.jpge0139059_12551988.jpge0139059_12553738.jpge0139059_12560020.jpge0139059_12561768.jpge0139059_12571304.jpge0139059_12573319.jpge0139059_13072738.jpge0139059_13074733.jpge0139059_12584308.jpge0139059_12590510.jpge0139059_14110106.jpge0139059_14111640.jpg

by GannkoOyazi | 2016-09-14 07:56 | 野草 | Comments(0)

秋のたより  アサギマダラとミドリショウモン

 アサギマダラが、秋の七草のフジバカマに秋の便りを告げ、ミドリショウモンもフジバカマとサラシナショウマやタムラソウと秋の到来を語り合っているようだった。どこか遠いところから渡って来たのか、羽がボロボロになっているアサギマダラがいた。高原は、さしもの猛暑も去り、すっかり秋の装いに包まれている。
e0139059_22205500.jpg
e0139059_22212042.jpg
e0139059_22325048.jpg
e0139059_22215493.jpg
e0139059_22231052.jpg
e0139059_22342706.jpg
e0139059_22334395.jpg
e0139059_22245078.jpg
e0139059_22440399.jpg
e0139059_22443452.jpg
e0139059_22562777.jpg

by GannkoOyazi | 2016-09-12 23:11 | 野草 | Comments(0)

普通のと赤色型  ツツドリ

 ツツドリの普通のものと、赤色型の両方を撮ることが出来た。しかし、枝や葉が被ったり、逆光だったりと不満足なものばかりで一日が終わってしまった。それでも、なんとか赤いのも撮れたことで良しとする。
e0139059_18412671.jpg
e0139059_18445144.jpg
e0139059_19044239.jpg
e0139059_18453303.jpg
e0139059_18455903.jpg
e0139059_18462125.jpg
e0139059_18514427.jpg
e0139059_18473042.jpg


by GannkoOyazi | 2016-09-02 20:42 | ツツドリ | Comments(0)