<   2016年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

野 草  フデリンドウ、ニリンソウ、イカリソウ

 夏鳥の姿を求めて、首が痛くなるほど上をむいて歩き回る足元には、春の花が咲き、ツツジが新緑と競うようにあざやかな色合いを見せていてくれた。その中のいくつかに望遠レンズを向けて切り取ってみた。先日のプチ遠征で。
 連休も関係ない身となり、風が強く吹いているので家に沈殿し、貯まった本を読むことに今日は徹することとする。

フデリンドウ
e0139059_09493610.jpg
ニリンソウ
e0139059_09482304.jpg
イカリソウ
e0139059_09490695.jpg
マムシグサ
e0139059_09500891.jpg
e0139059_09502938.jpg
トウゴクミツバツツジ
e0139059_09470441.jpg
ヤマツツジ
e0139059_09472812.jpg


by GannkoOyazi | 2016-04-29 11:20 | 野草 | Comments(0)

復 旧  オオルリ

 パソコンが突然動かなくなってしまった。今日まで、この一週間あれこれといじりまわし何とか復旧させることが出来た。しかし、外付けのハードディスクで保存していなかった直近の画像ファイルは消滅してしまい、更新できなくなってしまった。
 気分を変えるためにプチ遠征したが少し時期が早かったようで、オオルリがようやく入ったところで高い枝先を飛び交うばかりだった。
e0139059_10325625.jpg
e0139059_14203237.jpg
e0139059_14352472.jpg
e0139059_10524719.jpg
e0139059_10344291.jpg
e0139059_08102989.jpg
e0139059_10574208.jpg
e0139059_10363569.jpg
e0139059_10364951.jpg
e0139059_13585971.jpg

by GannkoOyazi | 2016-04-27 14:16 | オオルリ | Comments(0)

オレンジ色  コマドリ

 マイフイルドの森の竹藪で、コマドリの鳴き声がしきりにする。ウグイスのさえずりと競うようだ。もう何日にもなるが姿を見ることは出来ない。コマドリの鳴き声を聞けるだけでも良しとするつもりでいたが、こう何日も聞かされると、とうとう姿を見たくなり昨日、帰り道を外れて急きょ都市公園に向かってしまった。現地の公園に着いたのが3時をまわっていたのであきらめていたが、薄暗くなり始めた4時にオレンジ色の姿を現した。現地の世話役の皆様に、感謝。
e0139059_13010442.jpg


e0139059_13004212.jpg


e0139059_12582956.jpg


e0139059_12584850.jpg


e0139059_12592051.jpg


e0139059_12595502.jpg


by GannkoOyazi | 2016-04-19 16:34 | コマドリ | Comments(0)

葉 桜  コムク

 桜の満開前線は、どこまで行ったやら。今年は早いとは言え、津軽海峡を渡っていることはまだないだろう。葉桜を好むとは、コムクドリはなかなか乙なところがある。いつも花の散った後に、きたいにコムクはやって来る。20羽程の群れが桜並木を行き交っていた。
e0139059_20174525.jpg
e0139059_20242187.jpg
e0139059_20182719.jpg
e0139059_20184610.jpg
e0139059_20200152.jpg
e0139059_20190490.jpg
e0139059_20270509.jpg
e0139059_20274031.jpg
e0139059_20335008.jpg
e0139059_20284616.jpg

by GannkoOyazi | 2016-04-18 21:39 | コムクドリ | Comments(0)

今季初  キビタキ

 マイフイルドの森に入ると、常連の皆さんがカメラを上に向け見上げていた。キビタキが入ったとのこと。あわててカメラをセットし、居場所を教わるが直ぐに飛ばれてしまう。その後は、なかなか良い所には出てくれなかった。とうとう、誰もいなくなった3時近くまで、なんとしても撮りたくて一人で待ち続ける。ようやく、それまでと反対側に来たのを、なんとか撮ることが出来た。
e0139059_20140437.jpg


e0139059_20142762.jpg


e0139059_20152467.jpg


e0139059_20180830.jpg


e0139059_20144891.jpg


e0139059_20150742.jpg

by GannkoOyazi | 2016-04-17 16:38 | キビタキ | Comments(0)

野 草  春の使者達

 花の便りに誘われて出かける。現地は、標高700mに位置するだけに、まだ早春の趣だった。それでも、暖冬だったために花の咲き出しが例年より10日ぐらい早いとのこと。「シラネアオイが咲き出したので連絡しました。」との言葉の通り、大好きなシラネアオイの花に早くも出会えた。また、久しぶりにヒトリシズカやヤブレガサなども見ることが出来、北風の吹き荒れる寒の戻りのような一日だったが、心は暖められた。

シラネアオイ

e0139059_18030769.jpg
e0139059_18032538.jpg

ヒトリシズカ

e0139059_18040499.jpg
e0139059_18034787.jpg

キクザキイチゲ

e0139059_18054488.jpg
e0139059_18051140.jpg

イカリソウ

e0139059_18043268.jpg
e0139059_18045395.jpg

ヤブレガサ

e0139059_18073308.jpg
e0139059_18055944.jpg

カタクリ

e0139059_22055576.jpg
e0139059_22061420.jpg

エンレイソウ

e0139059_21141066.jpg
e0139059_21124516.jpg
ミズバショウ

e0139059_20092688.jpg

e0139059_20094152.jpg


by GannkoOyazi | 2016-04-11 22:12 | 野草 | Comments(0)

今季初  ヒレンジャク

 レンジャクが入ったとの情報をもらい、急きょプチ遠征した。確かに、いることはいたが、高い、遠い、枝被りの三重苦のうえ、おまけに逆光では撮ること事態が難しかった。それに、何故かヤドリギの実をほとんど啄まずに直ぐに飛び立ってしまうことを繰り返すだけだった。それでも、今季初なのでゴミ箱行きの中から無理やり拾い集めた。
e0139059_19011367.jpg
e0139059_19012985.jpg
e0139059_18591928.jpg
e0139059_18585228.jpg
e0139059_19000806.jpg
e0139059_19003634.jpg
e0139059_19005362.jpg


by GannkoOyazi | 2016-04-08 22:41 | ヒレンジャク | Comments(0)

満 開  アリスイ

 アリスイも、満開の桜に浮いた気分になるのか、冬の間に比べてもこのところアリスイが良く見られるようだ。そんな話を聞いて挑戦してみた。そうは言っても、難関であることに変わりなく、とまった場所を教わってなんとか撮ることが出来た。その下の草地では自生のサクラソウが開花していた。一茶の「吾が国は草も桜に咲きにけり」の句が思い起こされる。
e0139059_16234350.jpg
e0139059_16482080.jpg
e0139059_17452842.jpg
e0139059_16145647.jpg
e0139059_16152084.jpg
e0139059_16380163.jpg
e0139059_16384244.jpg


by GannkoOyazi | 2016-04-06 18:06 | アリスイ | Comments(0)

菜の花  トロッコ列車

 娘夫婦に誘われて2人の孫と、そろって6人の家族で房総へ一泊旅行をしてきた。ここでも、菜の花の黄色に目を奪われた。鳥絡みではないが、あまりにも見事な菜の花の光景なので、車窓からの写真を含めてアップする。
 里山トロッコ列車に乗る。真っ黒なSL機関車とオレンジとベージュのツートンカラーの客車だ。機関車は、かつて鉄道開業時に活躍したDB4形を復元したもので、クリーンディーゼルを搭載した現代版機関車だ。客車は4両編成で、窓なしの展望車と窓ありエアコン付の普通車両の2種類。列車は、菜の花畑や里山をトコトコと走る。農作業をしていたおばあちゃんがこちらに手を振る。沿線や駅ではカメラを構えた鉄道ファンの姿が。途中の駅舎も100年前の小湊鉄道操業当時の姿をそのままに残しているとのことである。上総牛久から終点養老渓谷まで約一時間、時速30キロの旅に癒される。
e0139059_12264264.jpg
e0139059_12293682.jpg
e0139059_12440778.jpg
e0139059_12271834.jpg
e0139059_12281060.jpg
e0139059_12300827.jpg
e0139059_12303977.jpg
e0139059_12310806.jpg
e0139059_12314215.jpg
e0139059_17242569.jpg

by GannkoOyazi | 2016-04-03 16:52 | 写真 | Comments(0)