<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

群れ  ヒレンジャク

 レンジャクの名の通り、群れで動き回っているがその群れが羽を休めるのは、決まって高い梢であり、なかなか連雀らしい様子を撮ることが出来なかった。ようやく、被りのない4羽の並びものを撮ることが出来た。
e0139059_15132986.jpg
e0139059_15131101.jpg
e0139059_15130292.jpg
e0139059_15133987.jpg
e0139059_15124876.jpg
e0139059_20082214.jpg
e0139059_20183744.jpg

by GannkoOyazi | 2014-03-29 16:03 | ヒレンジャク | Comments(0)

芽吹き  ヒレンジャク

ヒレンジャクが、隣の森に移動していた。芽吹き始めた木々を飛び移りながら下に降りてはリュウノヒゲの実を啄む。色合いが周囲の緑に映えるとともに、ヤドリギに群れる姿と異なり、スリム に見えた。
e0139059_16585461.jpg
e0139059_18594914.jpg
e0139059_17112441.jpg
e0139059_17011222.jpg
e0139059_17062134.jpg
e0139059_16581591.jpg
e0139059_16594333.jpg
e0139059_16573376.jpg
e0139059_18162525.jpg

by GannkoOyazi | 2014-03-26 18:26 | ヒレンジャク | Comments(0)

お彼岸  花の木、野の花

 お彼岸なので、咲き誇る花たちに敬意を表して、鳥には遠慮してもらうことにした。 桜が咲きだし、ネコヤナギやサンシュユが独特の花を開き、その下では野の花が 饗宴の最中だった。ホトケノザがナズナと競いイヌフグリが落ち葉に紛れ、オドリコソウが早くも咲こうとしていた。
e0139059_16483179.jpg

e0139059_16491989.jpg

e0139059_18415480.jpg

e0139059_17411657.jpg

e0139059_17223074.jpg

e0139059_17221395.jpg

e0139059_18405210.jpg

e0139059_17230356.jpg


by GannkoOyazi | 2014-03-22 19:09 | 野草 | Comments(0)

春一番  ヒレンジャク

 現着した時に、すでに一羽が来ていた。しばらくすると、一度に20羽以上が飛んできた。その後も、春一番の風に乗るように出入りを繰り返しながら、ヤドリギの実を啄ばむ。強風と花粉を逃れ昼前に退散した。
e0139059_23154228.jpg
e0139059_23161473.jpg
e0139059_23155691.jpg
e0139059_23171498.jpg
e0139059_23162264.jpg
e0139059_23172780.jpg
e0139059_16122594.jpg

e0139059_16120114.jpg

e0139059_23174911.jpg










by GannkoOyazi | 2014-03-18 16:54 | ヒレンジャク | Comments(0)

千両役者  ヒレンジャク

 まさに千両役者の登場である。 冠羽まで続く黒い過眼線が歌舞伎役者の隈取りのようである。ヤドリギの実を啄ばんでは、路面の窪地の水たまりに降りて水を呑む。
e0139059_14564446.jpg

e0139059_14573440.jpg

e0139059_14562610.jpg

e0139059_15004217.jpg

e0139059_15001222.jpg

e0139059_14583220.jpg

e0139059_14571048.jpg

e0139059_14575911.jpg


by GannkoOyazi | 2014-03-16 16:03 | ヒレンジャク | Comments(0)

おっかけ  ミサゴ

 ミサゴがボラをつかんで海面から空に飛びだした時に、何を思ったか一羽のカモメが、おっかけを始めた。ミサゴはまったく相手にする様子もなく悠然と飛び去った。
e0139059_23483978.jpg

e0139059_23480116.jpg

e0139059_23473054.jpg

e0139059_23465685.jpg

e0139059_23461488.jpg

e0139059_23505063.jpg

e0139059_23512251.jpg

e0139059_20050956.jpg


by GannkoOyazi | 2014-03-11 20:51 | ミサゴ | Comments(2)

ボラ獲り  ミサゴ

  ミサゴが大きなボラを捕らえる。引き上げるのにかなり苦労していた。ミサゴは海中からいったん、半身まで姿をみせながら首まで再び潜ることを繰り返した後、ボラを掴んで海面に出た。久しぶりのミサゴの撮影は、楽しかったが満足なものが撮れなかった。   
e0139059_23144973.jpg

e0139059_23151353.jpg

e0139059_23153832.jpg

e0139059_23160804.jpg

e0139059_23170601.jpg

e0139059_23205677.jpg

e0139059_23174858.jpg

e0139059_23183831.jpg

e0139059_23241341.jpg


by GannkoOyazi | 2014-03-10 15:47 | ミサゴ | Comments(0)

迷 鳥  ウタツグミ

 ウタツグミは、ヨーロッパからバイカル湖近辺にかけて分布し冬期は、地中海沿岸や北アフリカに渡るとのことである。日本での観察は数例があるだけだそうだ。渡りの途中の迷鳥と思われるが、こんな迷子は大歓迎だ。単に珍鳥というだけでなく地味ながらシックで気品が感じられた。ミサゴ撮りの帰路だったが、立ち寄って良かった。
e0139059_13442267.jpg

e0139059_13433511.jpg

e0139059_13470130.jpg

e0139059_13464063.jpg

e0139059_13423495.jpg

e0139059_13460973.jpg

e0139059_13444415.jpg

e0139059_13430681.jpg

e0139059_13421396.jpg


by GannkoOyazi | 2014-03-09 15:03 | ウタツグミ | Comments(2)

枯草の中で  コミミズク

 今日もレンジャクに会えなかった。そのまま帰る気にもなれずコミミズクのポイントへ向かった。コミミズクは、風が強く飛ばずに草地に降りていた。
e0139059_21361579.jpg

e0139059_21380954.jpg

e0139059_21373166.jpg

e0139059_21365391.jpg

e0139059_21384434.jpg

e0139059_21353709.jpg

e0139059_21350073.jpg


by GannkoOyazi | 2014-03-07 21:53 | コミミズク | Comments(2)

白と赤  シロハラ、アカハラ、ヒレンジャク

 レンジャクを待つ間に、シロハラとアカハラを撮る。赤と白は、シロハラとヒレンジャクなら良かったが、そうは問屋が卸さなかった。レンジャクは、来ることは来たがメタセコイアの高い枝から飛び去ってしまいヤドリギにはとまらなかった。
e0139059_23394668.jpg


e0139059_23391170.jpg

e0139059_00024696.jpg

e0139059_00023055.jpg

e0139059_23402963.jpg


by GannkoOyazi | 2014-03-04 00:08 | シロハラ | Comments(0)