<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

迷 鳥 キガシラシトド

e0139059_14201039.jpg


e0139059_14201155.jpg

 キガシラシトドは、アラスカやカナダで繁殖し、冬期はアメリカ西部で越冬する渡り鳥であるとのことである。それがどうしたものか江戸川の河川敷に迷い着いたというのだから、不思議としか言いようがない。そんな情報と気持からキガシラシトドを実際に目にしたく昨日出かけた。
 キガシラシトドは、河川の岸辺の葦の根方や枯れた葉の下を敏捷に動き回っていて、姿が目に入るのは移動するときだけである。対岸から狙うが直ぐに枯れた葦と似た色の姿を葦の中に隠してしまいなかなか思うように撮らせてくれなかった。
 
e0139059_14201160.jpg

e0139059_14201192.jpg

   そのうち突然、川岸から離れて大勢のカメラマンが待ちうける方に渡ってきた。近く良い位置であったが残念ながら自分のポジションからは、枝が被ってしまっていた。その後、しばらくして水を呑みに降りてきたところをなんとか撮ることが出来た。
   このように結局、カメラを抱えて右往左往し翻弄されて終わってしまったが、このくらいの苦労は、迷ってただ一羽、日本に渡って来たこの鳥を思えば何ということもないし、これも鳥撮りの醍醐味だと思うこととした。
   また、その名の通り頭に黄色い模様羽がありキクイタダキを大きくしたようで、魅力的だった。なお、シトドは、ホオジロ類の古名とのことだそうだ。

e0139059_14201187.jpg
 
e0139059_14201177.jpg

e0139059_14201181.jpg
 
e0139059_14201217.jpg

e0139059_1420122.jpg
 
e0139059_14201297.jpg


 


by GannkoOyazi | 2011-01-30 18:35 | キガシラシトド | Comments(0)

とまりもの オジロビタキ

e0139059_1420930.jpg


e0139059_1420946.jpg

 キガシラシトドが見られるとの情報をいただき駆けつけた。その直ぐ近くで、オジロビタキを撮ることができることを現地で聞きおよび足を運んでみた。オジロビタキは、例によって餌を与え、すっかり慣らされていた。珍鳥のキガシラシトドと比べるまでもないが、珍鳥に散々翻弄された後だけに餌づけの有難さとともに、なんとなく後ろめたさのような気がしないでもなかった。

e0139059_1420937.jpg

e0139059_1420976.jpg

e0139059_14201092.jpg

e0139059_14201089.jpg

e0139059_14201096.jpg
 
e0139059_14201028.jpg

e0139059_14201076.jpg


by GannkoOyazi | 2011-01-29 18:49 | オジロビタキ | Comments(0)

三日月斑 トラツグミ

e0139059_1420578.jpg

 トラツグミに今年も会うことが出来た。 いつ見ても 全身を飾る独特の三日月形の斑紋が美しく魅力的だ。
 以前はトラツグミを撮るのはかなり難易度が高かったように記憶しているのだが、最近はトラさんに、あの過っての「寅さん」映画のように、お正月にはきまって、お目にかかれるようになった。

e0139059_1420579.jpg

e0139059_142056.jpg

e0139059_1420573.jpg

 草地におりて、しきりに草の実を摘んだり落葉をかき分けて採食していた。そのあと水場に移って、悠然と水を呑み、その後またカメラの直ぐ近くの草地に戻りまったりとしていた。

e0139059_1420671.jpg

e0139059_1420611.jpg

e0139059_1420634.jpg

e0139059_1420638.jpg

e0139059_1420653.jpg
 
e0139059_1420749.jpg

 その草地の立木から、するするとリスが降りてきて 同じように木の実を拾って食べながら、トラツグミがいるすぐそばに寄ってきた。ニアミスと思いきや、まるで双方が気にする風もなかった。思いがけないツーショットが撮れた。これぞ、リストラ!。

e0139059_1420733.jpg
 


by GannkoOyazi | 2011-01-22 22:55 | トラツグミ | Comments(0)

山みち ニホンリス、マヒワ

e0139059_1420234.jpg


e0139059_142023.jpg

山路をたどっていて、ふと見上げた林のずっと奥でリスが夢中でなにかをかじっていた。



e0139059_1420316.jpg


e0139059_1420323.jpg
 
e0139059_1420388.jpg

  山路を下ってきたときに、落葉がふきだまりになった道で落ちている小さな草木の実をマヒワの群れが、巧みに探し出しては啄ばんでいた。(撮影日2011年1月15日)

e0139059_142037.jpg

e0139059_1420455.jpg

e0139059_1420424.jpg

e0139059_1420440.jpg


by GannkoOyazi | 2011-01-20 21:11 | マヒワ | Comments(0)

冬の狩人 フクロウとオオマシコ

e0139059_16222362.jpg

e0139059_16222394.jpg

  寒い冬は苦手なのであるが、この時期になると一度は覚悟を決めて、フクロウに逢いに山へ行かないとなんとも落ち着かない。そんな気分から、今回は初めてフクロウウォッチングに参加した。チェックインが3時とのことなので、朝のうちに先週に続いてオオマシコのポイントを訪ねた。オオマシコのオスの見事な赤い姿に惹かれてのものだ。オスとともにメスと思って撮ったが、腹の赤さからオスの幼鳥だったようだ。

e0139059_16222393.jpg

e0139059_1622235.jpg

e0139059_16222393.jpg

e0139059_16222461.jpg

 八ヶ岳山麓も、今年は雪が少なく積雪が見られないとのことだったが、夜の間に雪が降った。朝には止んでいたが、野山は白銀に被われていた。天気もよく風もない。フクロウウォッチングには絶好の条件と思われた。しかし、分からないものである。フクロウの動きはさっぱりで、2時間ほどポイントを車で流すが見当らない。あきらめかけた時に遠い距離ではあるが探し当てていただき、その後2箇所で別の個体も見ることが出来た。冬の狩人は近くには来てくれなかったが、風格ある雰囲気を堪能させてくれた。車中からの不慣れな手持ち撮影でありその証拠写真。
 いつもはマイカーで撮っていたことからすれば、三脚を使えないことや勝手が違うことなど制約があるが一人では、4時間ほどで、到底探せなかったことだろう。ガイドさん、同乗の3人の皆さんに感謝します。

e0139059_16222416.jpg

e0139059_16222469.jpg

e0139059_16222422.jpg

e0139059_16222488.jpg
e0139059_16222569.jpg


by GannkoOyazi | 2011-01-16 22:55 | フクロウ | Comments(0)

冬の華  オオマシコ

e0139059_16222082.jpg


e0139059_16222075.jpg

  オオマシコの迫力を堪能した。暮れのうちに行くつもりであったが風邪をこじらせてしまい今日になって急遽、出かけた。目の前のヤマハギにオスメス数羽が、いきなり飛び込んできて争いながら実を食べ始めた。山際の斜面まで道幅を残すだけであり、ガードレールに実を擦り付けるまで下がって、ようやくフレームアウトをまぬがれる。だから、写真はすべてノートリミング。
 そんな至近で、オス同士が争ったり、ホバリングをみせる。赤紅の大きな体であり迫力十分だった。残念ながら、近すぎて静止したものにピントを合わせるのが精一杯であり、シャッターを切ることが出来なかった。
 なんと、これだけで満足してしまい、8時頃から3時間半ほどの滞在で帰路についてしまった。イスカは、6時から待っている人から今日はダメだと聞かされてもいた。

e0139059_16222192.jpg

e0139059_16222186.jpg

e0139059_1622219.jpg

e0139059_16222161.jpg

e0139059_1622227.jpg

e0139059_16222233.jpg

e0139059_1622222.jpg

e0139059_16222284.jpg

e0139059_16222219.jpg


by GannkoOyazi | 2011-01-09 22:02 | オオマシコ | Comments(0)

撮り初め ヒレンジャク

明けましておめでとうございます。
遅くなりましたが新年のご挨拶申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

今年は、3が日を自粛をしたため今日が撮り初めだった。
その日にマイフイルドでヒレンジャクを撮ることが出来たのだから、もちろん嬉しいのだが妙な気がしてならない。
いつもの年なら、春の到来とレンジャクの飛来を重ね合わせて待ちわびる日々の、スタートの日なのだから。先の楽しみを奪われてしまったような気がしないでもないが、はかり知れない自然のなりゆきを、今年も少しでも見つめ楽しむこととしよう。

e0139059_16221844.jpg


e0139059_16221885.jpg
   
e0139059_16221874.jpg
   
  レンジャクのお好みのヤドリギの実は、まだ黄熟していないので、熟したネズミモチの実が餌に選ばれていた。この実は、普段ならもっぱらヒヨドリやツグミ、メジロなどが採食しているが、この森にはネズミモチの木ならいくらでもあるので、食料に心配はない。せっかく一月も早く入ってきてくれたのだから、そのままレンジャクが居ついて欲しいものだ。

e0139059_16221814.jpg

e0139059_16221985.jpg

e0139059_16221931.jpg

e0139059_16221969.jpg

e0139059_16221915.jpg

e0139059_16221978.jpg
   


by GannkoOyazi | 2011-01-08 18:51 | ヒレンジャク | Comments(4)