カテゴリ:マヒワ( 16 )

クヌギ雄花  マヒワ、チョウゲンボウ

 昨日は、目指した鳥は抜けてしまい森は再び寂しくなってしまった。それでも、クヌギの雄花がスダレのように垂れ下がる中にマヒワの群れがいた。クヌギの巨木の高い所で、なかなか抜けて撮れなかったが見上げるうちに首が痛くなってきたのであきらめる。チョウゲンボウがその広場の上空を旋回した。
e0139059_16533539.jpg
e0139059_16535456.jpg
e0139059_16542066.jpg
e0139059_16544556.jpg
e0139059_16550515.jpg
e0139059_17182123.jpg
e0139059_16555871.jpg
e0139059_17344217.jpg
e0139059_17353239.jpg

by GannkoOyazi | 2017-04-15 08:33 | マヒワ | Comments(0)

ハンノキの実  マヒワ

 マヒワの群れが飛んできて、榛の木(ハンノキ)の実を夢中で啄んだ。マツカサのような実に、くちばしを差し込むようにして種を取り出して食べては、下の池に降りて水を飲む。50羽程の群れで黄色いオスが多く、目立っていた。しかし、葉の下であり、曇天のため色が出るか気がかりだった。
e0139059_17535695.jpg
e0139059_17593966.jpg
e0139059_15040605.jpg
e0139059_15015260.jpg
e0139059_15012969.jpg
e0139059_15024552.jpg
e0139059_16315062.jpg
e0139059_15030518.jpg

by GannkoOyazi | 2016-11-14 16:07 | マヒワ | Comments(0)

水 辺  マヒワ、シメ

 マヒワの群れが依然として飛び交っていた。そして、バラバラと池畔の水辺に降りてきて旨そうに水を飲んだり、水浴びをしては忙しげに飛び去る。その合間に、ヤマガラやシメやシジュウカラ等がやってきた。

e0139059_12222777.jpg

e0139059_1222289.jpg

e0139059_12222811.jpg

e0139059_12222851.jpg

e0139059_12222828.jpg

e0139059_12222840.jpg

e0139059_12222816.jpg

e0139059_12222985.jpg

e0139059_12222941.jpg


by GannkoOyazi | 2013-03-16 23:16 | マヒワ | Comments(0)

春一番  マヒワ

 二匹目の泥鰌を狙い昨日のキレンジャクと出会った所へ行くも撮れなかった。
帰路に寄った公園で春一番の南風をマンサクの黄花と赤花が快げに受けていた。
マヒワも、春風の下で餌を啄んでいた。3月を迎えたが、また寒気が戻るとか。

e0139059_12221897.jpg

e0139059_12221826.jpg

e0139059_12221973.jpg

e0139059_12221927.jpg

e0139059_12221936.jpg


by GannkoOyazi | 2013-03-01 23:01 | マヒワ | Comments(0)

つぼみ  マヒワ

  年度末であり、仕事で出張や諸事が重なり、10日ぶりの更新となってしまった。
桜がつぼみを枝先にしっかりとつけて育んでいる。季節は着実に春に向かって進んでいるようだ。吹き荒れる強風の中をマヒワの群れが飛び交い、桜の枝で羽を休める。

e0139059_12221626.jpg


e0139059_12221659.jpg

e0139059_12221676.jpg

e0139059_12221725.jpg

e0139059_12221777.jpg

e0139059_12221776.jpg


by GannkoOyazi | 2013-02-24 20:08 | マヒワ | Comments(0)

ファミレス  マヒワ

 マヒワが、鈴なりになって枯れた花柄の中から種をつまみ出していた。
 一本の枯れたマツヨイグサが、まるで大繁盛のファミりーレストランだ。
 今日は木枯らし1号が吹き荒れて、まともに撮れず一昨日の在庫から。

e0139059_12211822.jpg

e0139059_12211841.jpg
 
e0139059_12211921.jpg

e0139059_12211972.jpg
 
e0139059_12211971.jpg

e0139059_12211996.jpg

e0139059_12211973.jpg


by GannkoOyazi | 2012-11-18 22:18 | マヒワ | Comments(0)

メマツヨイグサ  マヒワ

 マヒワが、枯れたメマツヨイグサの茎にしがみつくようにしてその種子をついばんでいた。メマツヨイグサは、外来の侵食植物であり旺盛な繁殖力は園芸の邪魔物に違いないが、マヒワには相当のご馳走のようである。道端で少々、人や自転車が通ろうが逃げもせず夢中でついばんでいた。

e0139059_12211785.jpg


e0139059_12211784.jpg

e0139059_12211763.jpg

e0139059_12211838.jpg

e0139059_12211822.jpg


by GannkoOyazi | 2012-11-16 21:07 | マヒワ | Comments(0)

水 辺  マヒワ

 マヒワが群れをなして飛んできて、高い木に止ったかとおもうと、一斉に池の淵に降りてくる。池は水が涸れ、岸の草地から1メートルほど池底の泥が出ている。マヒワが水辺のきれいな所によるまでまとうかと迷っているうちに、慌ただしく飛び立ってしまう。なんともセッカチだ。もっと落着いて水を飲んでゆけば良いのに。

e0139059_122192.jpg

e0139059_1221934.jpg

e0139059_1221912.jpg

e0139059_1221919.jpg

e0139059_12211050.jpg

e0139059_12211028.jpg




by GannkoOyazi | 2012-11-03 13:59 | マヒワ | Comments(0)

マンサク  マヒワ

e0139059_14214978.jpg


e0139059_14215046.jpg

 マヒワがマンサクの花にとまり、黄金色を競うようだった。
マンサクは、早春に他の花に先駆けまず咲くから、あるいは花が沢山咲くから豊年満作の由来によりその名があるとされる。

e0139059_14215050.jpg

e0139059_14215060.jpg

e0139059_14215060.jpg
 
 マンサクの枝は良くたわみ弾力があることから、過っては枝をよじって繊維をほぐし薪を縛るのに使われていたとのことである。また、世界遺産の合掌造りでは、マンサクを「ネソ」と呼び「ネソ」は、時間がたつほど良く締まることから柱や桁を結束するのに利用されているそうである。

e0139059_14215132.jpg

e0139059_14215171.jpg

 
e0139059_14215133.jpg


by GannkoOyazi | 2011-03-27 17:55 | マヒワ | Comments(2)

桜はまだかいな マヒワ

e0139059_14214574.jpg


e0139059_14214538.jpg

 マヒワの群れが強い風にあおられながらも、梅は咲いたが桜はまだかいな、とばかりに一斉に桜の枝にとまった。もう少しでほころびそうな桜の蕾に、まだ早いとばかりに冷たい北風が吹きつける。季節が逆転したような寒い朝だった。

e0139059_14214527.jpg

e0139059_14214544.jpg

e0139059_1421451.jpg

e0139059_14214578.jpg

e0139059_14214941.jpg

  気まぐれな北風が吹こうが、オオイヌフグリが、ヒメオドリコソウが花開き草木は確実に春へ歩みを進めているようだ。その地表に降りて種実をついばんだり、池畔で水を呑んだりと、マヒワも元気を与えてくれる。

e0139059_14214916.jpg

e0139059_1421493.jpg

e0139059_14214940.jpg


by GannkoOyazi | 2011-03-26 18:49 | マヒワ | Comments(0)