カテゴリ:シマリス( 3 )

愛嬌者  シマリス

 シマリスが、鳥の出が悪いのをカバーしてくれた。林の中から勢いよく飛び出して来ては、岩の上で餌を獲る。姿を消したと思うと、いつの間にか岩にいたりする。鳥撮りのはずが、愛嬌者のリスに引き込まれる。頬袋をいっぱいに膨らませていた。
e0139059_11144694.jpg
e0139059_11181566.jpg
e0139059_11310821.jpg
e0139059_11175620.jpg
e0139059_11184348.jpg
e0139059_11173001.jpg
e0139059_11215977.jpg
e0139059_22444596.jpg
e0139059_11141387.jpg
e0139059_11160734.jpg
e0139059_11165603.jpg

by GannkoOyazi | 2017-05-02 16:42 | シマリス | Comments(0)

シマリス 2   食 卓  

 シマリスは、サクランボを口にいっぱいに貯めて桜の木の太い枝の所まで降り、そこをリビングの食卓に定めていたのか、頬袋から実を出して手に乗せて食べ始めた。その様子に、撮影者たちから「可愛い」の声が思わず上がる。口が空になると再び実を取りに向かう。サクランボを存分に食べる贅沢なシマリスの姿が、鳥撮りの不振を忘れさせてくれた。
e0139059_11464307.jpg
e0139059_11044335.jpg
e0139059_11051874.jpg
e0139059_11061673.jpg
e0139059_11082169.jpg
e0139059_11084342.jpg
e0139059_11353412.jpg
e0139059_11341835.jpg
e0139059_11071282.jpg

by GannkoOyazi | 2016-07-14 13:05 | シマリス | Comments(0)

シマリス 1  サクランボ

 リスだ、の声に小鳥をそっちのけにしてカメラを向ける。シマリスは、桜の古木を走るように登り枝先の実に。見るからに細い小枝をつたい先端のサクランボをつぎつぎに採食する。頬袋にいっぱい詰め込んで、太い枝に引き上げる。
e0139059_08324736.jpg
e0139059_08331873.jpg
e0139059_08340756.jpg
e0139059_08344604.jpg
e0139059_08334010.jpg
e0139059_08354324.jpg
e0139059_08362348.jpg
e0139059_08365491.jpg
e0139059_08372129.jpg
e0139059_08375139.jpg

by GannkoOyazi | 2016-07-13 09:08 | シマリス | Comments(0)