2017年 08月 19日 ( 1 )

思い出の記 8-1 砂浴び ライチョウ

 朝からどんよりとした曇り空が、夕方になって一気に青空に変わった。立山連峰の残雪をまとった見事な姿は見ていてあきることがなかった。眺望に名残を惜しみつつ一人山小屋へ引き上げる道に、雪渓の方から飛んできたライチョウが目の前に降りた。そして、近づいてきて登山道の踏み石際の砂礫の溜まった所に座り込み、砂浴びをはじめた。こちらも、その場に座り込んで撮影するが、こっちには、まるで無関心だった。(2012年6月 立山)
 砂礫地帯で生活する鳥の中には水を浴びるかわりに、砂を浴びる種類があることが知られ、日本の鳥では、ヒバリ・キジ・ライチョウなどが砂浴びをする代表的な種類とされる。砂浴びには寄生虫や余分な脂などを除去する働きがあるとのことだ。

e0139059_12542695.jpg
e0139059_12541362.jpg
e0139059_12553208.jpg
e0139059_13090914.jpg
e0139059_12545316.jpg
e0139059_13172197.jpg
e0139059_12581185.jpg
e0139059_12570989.jpg
e0139059_12591547.jpg
e0139059_18150930.jpg
e0139059_16540154.jpg
e0139059_13000071.jpg
e0139059_13002728.jpg
e0139059_13004871.jpg
e0139059_13011071.jpg

by GannkoOyazi | 2017-08-19 08:29 | Comments(0)