思い出の記 4 アオバズク

 日本では亜種アオバズクが九州以北に繁殖のため飛来(夏鳥)する。和名は青葉が芽生える季節に飛来することが由来。
平地から低山地にかけての森林や農耕地に生息し、群れは形成せず単独もしくはペアで生活する。夜行性で、昼間は樹上で休む。食性は動物食で、昆虫類、両生類、爬虫類、小型の鳥類、小型哺乳類などを食べる。繁殖形態は卵生。樹洞に巣を作り、1回に2-5個の卵を産む。抱卵はメスのみが行い、オスは見張りをしたりメスに獲物を運んだりする。抱卵期間は約25日、巣立ちまでの日数は約28日。雛は巣立ち後、徐々に営巣木から周辺の林へ移動する。(Wikipediaより)

2015年6月
e0139059_08531587.jpg
e0139059_08534855.jpg
e0139059_12231898.jpg

e0139059_08542592.jpg

2014年7月

e0139059_17434141.jpg
2010年6月

e0139059_17332275.jpg
2007年6月

e0139059_08562115.jpg
2011年7月 親子

e0139059_12141543.jpg

e0139059_19133327.jpg
2015年7月 巣立ち

e0139059_08565442.jpg

by GannkoOyazi | 2017-07-22 08:34
<< 思い出の記 5 ハスの花とヨシゴイ 思い出の記 3 タマシギ >>