思い出の記 2 シロハラクイナ

10年余続けたブログを衝動的に中止してしまったので、この10年余の歩みを振り返り整理したい。
  (毎週土曜日更新 次回 思い出3 タマシギ

 シロハラクイナは日本では沖縄や西表島を中心に棲息し、近年では少しずつ棲息範囲を広げつつあるとはいえ九州や四国の一部までであり関東では2002年の神奈川・三ツ池や04年の臨海公園など数例に過ぎないようである。そのシロハラクイナが繁殖までこぎついたのは県内はもとより東日本で、初めてのこと。11年前に快挙を目にした。芦原から親に連れられて、出てきたヒナの毛玉のような姿を目にした時の感激は、今でも忘れられない。
 その、シロハラクイナが、この5月に11年ぶりに姿が見られたとのことであるが、11年前の2016年に撮った画像から。(たくさん撮ったはずなのに、画像のフアイルがどこかに紛れてしまい残念ながら、ほとんどを今回再現できなかった。)

日本野鳥の会埼玉県支部による記録

6月14日に観察されて以来、2羽が観察され季節的に繁殖の可能性が期待される。
7月 9日抱卵交代と思われる行動が観察される。
7月22日アシ原内で雛が生まれ、餌を運んでいると思われる行動が観察される。
7月23日朝から同様な行動が見られ、11時40分頃アシ原の下から親に連れられた5羽のヒナを確認。


e0139059_08300979.jpg

e0139059_08302435.jpg

e0139059_12020083.jpg

e0139059_08312375.jpg

e0139059_08314983.jpg

e0139059_08321219.jpg

e0139059_08322552.jpg

e0139059_15122782.jpg

e0139059_08304005.jpg

e0139059_08305538.jpg
e0139059_12274187.jpg

by GannkoOyazi | 2017-07-08 08:22 | シロハラクイナ | Comments(0)
<< 思い出の記 3 タマシギ 思い出の記 1 秋ヶ瀬のフクロウ >>