歓 迎  オオタカ

 オオタカが、マイフイルドの森で営巣をしている。おそらくは、初めてのことだと思われる。なんとしても、繁殖までいってもらいたいものだ。広範囲に規制のロープがめぐらされ不満も聞くが大事に見守りたい。なんとか、離れた木立のすき間からメスの姿を見つける。そこへオスが飛んで来て交尾するところを偶然にも撮ることが出来た。
 オオタカは、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」に基づく「国内希少野生動植物種」に指定されている。1月から求愛行動を始め3月頃に巣作りをして、4~5月頃に3~4個の卵を産む。抱卵はオスとメスが交代で行うが、まったく卵を温めないオスもいる。ヒナは生後35~40日ほどで飛べるようになるが、しばらくは親鳥といっしょに過ごしてから巣立つ。9月を過ぎる頃には親鳥はまた単独生活に戻るとのことである。
e0139059_17012934.jpg
e0139059_17011384.jpg
e0139059_21123030.jpg
e0139059_17002287.jpg
e0139059_17000251.jpg
e0139059_17015037.jpg
e0139059_17020881.jpg
e0139059_17022441.jpg
e0139059_17024336.jpg
e0139059_17025901.jpg

by GannkoOyazi | 2017-04-20 18:41 | オオタカ | Comments(0)
<< 子育て  コゲラ 春の使者達 2  シラネアオイ... >>