外来種  カオジロガビチョウ

 カオジロガビチョウがミヤマホオジロのいた草地にいた。カオジロガビチョウは今のところ群馬県赤城山の南面を中心とした狭い範囲でのみ確認されている。 外来種であるガビチョウ(画眉鳥)は、愛玩用として中国から輸入されたが篭脱けや放鳥により、今や南東北を北限とし九州まで生息地を拡げていると言われる。また、カオグロガビチョウは三浦半島中心として関東一円に広く分布し近年は分布域が縮小しているとのことである。この機会にこれまで撮った、それらのガビチョウを並べてみた。

カオジロガビチョウ
e0139059_17085707.jpg

e0139059_17092227.jpg
e0139059_18081630.jpg
e0139059_17100712.jpg
ガビチョウ
e0139059_17123921.jpg
e0139059_16434276.jpg
e0139059_17352289.jpg
カオグロガビチョウ
e0139059_17120359.jpg
e0139059_17122513.jpg

by GannkoOyazi | 2015-12-14 17:14 | ガビチョウ | Comments(0)
<< ピラカンサ  イソヒヨドリ 捕 食  イソヒヨドリ >>