待 望  ヒレンジャク、キレンジャク

e0139059_0213472.jpg


 2年間待ち望んでいたレンジャクが秋が瀬に戻ってきた。
 昨日のことである。そのことを、昨晩になって知り、今朝は、6時半に大急ぎで現地に入ったがすでに10人ほどの人が、ヤドリギのある木の下で、スタンバイしていた。その後、ぞくぞくとカメラマンがつめかけ、100人を超すカメラの放列が敷かれた。皆、この日を待っていたのだ。
 9時頃に、見えるところだけでも14、5羽の群れがきた。「来た、来た」との歓声があがる。さながら千両役者の登場といったところだ。

e0139059_0213438.jpg

 ヒレンジャクは、頬紅を差したような顔に、頭部まで続く 太く黒い過眼線が歌舞伎役者の隈取のように見える。
 しばらく、梢で様子を見るようにしていたあと、ヤドリギの実を食べ始めた。

e0139059_0213518.jpg

e0139059_0213583.jpg

e0139059_021355.jpg

e0139059_0213552.jpg

e0139059_0213539.jpg

 キレンジャクが、一羽だけ混じっていたが、なかなか良い所に出てくれず、かろうじて黄色い尾羽を撮ることが出来た。
 まだ、到着したばかりで落ち着かない様子で群れは動いていた。
4時までの間に群れで姿を見せてくれたのは2回だけではあったが、レンジャクが帰ってきたことが、なにより嬉しかった。少しでも長く滞在することを祈るような気持ちで、引き上げた。

e0139059_0213530.jpg



by GannkoOyazi | 2009-02-22 20:31 | ヒレンジャク | Comments(0)
<< 再会  オオコノハズク、オガワ... ネコヤナギ  ベニマシコ >>