滞在中  ヒレンジャク

e0139059_21271456.jpg


e0139059_21271464.jpg
 
e0139059_21271561.jpg

 日曜日の午後に何処からか戻ってきた、ヒレンジャクがまだいると聞き行ってみたところ、平日にもかかわらず大勢のカメラマンが放列を敷いていて、レンジャクの人気の高さを知らされる。当のレンジャクは、下の人々の騒ぎをよそにヤドリギの実を食べ満たされると、洞の水を呑んだり、梢で身を寄せ合って悠然と過ごしていた。

e0139059_21271667.jpg

e0139059_21271641.jpg
 
 どうぞレンジャクさん、ゆっくりと滞在していってください。まだたくさんのヤドリギの実が残っている。ヤドリギの淡黄色の液果は、旨そうに見えるが果たしてどんな味がするのだろうか。食べた後の糞が糸を引いて落ちないほど粘着質が強くても好んで食べられることは、きっと旨いに違いない。
 実際に食べた人の話によれば、甘みがあるとのことだ。また、ヤドリギの花言葉は「征服、困難を克服する」だそうである。

e0139059_21271853.jpg

e0139059_21271832.jpg
 
e0139059_21271934.jpg
 


by GannkoOyazi | 2010-04-20 15:43 | ヒレンジャク | Comments(2)
Commented by Fuji at 2010-04-24 18:11 x
ヒレンジャクを堪能されたようで
安堵されたことと思います(o^-^o)
21日より昨日まで立山でした。
霧で、もやっていたけれど雪の雷鳥に会うことが出来て
行った甲斐がありました。夏の親子も見れたらいいなと思っています。
それにしても雪の大谷の人の多さに驚きました。
さーっと途中まで歩きましたが、中国の観光客が多く世相を感じました[E:wink]
Commented by ブラックコーヒー at 2010-04-24 20:42 x
Fuji 様
 遅ればせながら2年続きでレンジャクを撮れたのですから満足です。
今度は、立山ですか。凄い行動力ですね。雪の雷鳥に出会えなによりでした。ガスがかかるような天候の時に雷鳥は出るので景色との両立はしにくいようです。今やスキー場や温泉でも中国人や韓国人が溢れている感じですね。
<< 困った時の カワセミ、クロジ 戻ってきた  ヒレンジャク >>