まさかの レンジャク

e0139059_16213722.jpg


e0139059_16213732.jpg

e0139059_16213746.jpg

  まさか晩秋のこの時期にレンジャクに出会えるとは、思ってもいなかった。 何と言う木だろうか、黄色い丸い実をたわわにつけた高木は、さらに頂点近くに、いくつもヤドリギを取り付かせている。そのヤドリギも赤い実を早くもつけているのだから、レンジャクにとってはこたえられないことだろう。
   キレンジャクとヒレンジャクの混成30羽ほどの群れである。天辺にわあっと来ては、いっせいに飛び去っていくことを繰り返すばかりで撮りやすい低い位置にはとまらず、ほとんど真上を見上げる感じの撮影だった。
 信州の友人を訪ねて帰路に立ち寄った森のプレゼント。



e0139059_16213864.jpg


e0139059_16213893.jpg
 
e0139059_162138100.jpg
 
e0139059_1621386.jpg

e0139059_16213849.jpg

e0139059_16213877.jpg

e0139059_16213956.jpg

   


by GannkoOyazi | 2010-11-07 23:30 | ヒレンジャク | Comments(0)
<< 1 Jay  カケス   冬の使者 マヒワ >>