思い出の記 3  タマシギ

田の早苗が生き生きと伸び始めるこの時期になると、タマシギの姿を田に見つける。
 タマシギは、鳥類としては少数派である一妻多夫であることでよく知られている。日本での繁殖期は4-10月で、この時期になるとメスの嘴が赤くなりオスに対して求愛ディスプレイを行うようになる。メスはオスが作った巣の中に普通4卵産む。産卵後はメスは巣を離れ、別のオスを求めてディスプレイを行う。このようにしてメスは複数のオスと番いになりながら産卵する。
 残されたオスは、抱卵と育雛を1羽で行う。雛は早成性で、生まれるとすぐに親の後を追って歩き出す。孵化後しばらくは、親が雛に口移しで餌を与える。育雛期間は孵化後40-70日程度である。

10年余続けたブログを衝動的に中止してしまったので、この10年余の歩みを振り返り整理したい。
  (毎週土曜日更新 次回 思い出の記4 アオバズク

2011年9月 4羽のヒナを連れてイクメン
e0139059_20475652.jpg
e0139059_11511529.jpg
e0139059_22335810.jpg
e0139059_20482438.jpg
2012年9月 大きくなったヒナ
e0139059_20485410.jpg
e0139059_20492395.jpg
e0139059_20494462.jpg
2016年5月
e0139059_20521053.jpg
e0139059_22553060.jpg
e0139059_20460556.jpg
e0139059_15332511.gif
e0139059_20501126.jpg
2014年5月
e0139059_20503949.jpg
e0139059_17041156.jpg
e0139059_16584600.jpg
e0139059_16591938.jpg


# by GannkoOyazi | 2017-07-15 08:24 | Comments(0)

思い出の記 2 シロハラクイナ

10年余続けたブログを衝動的に中止してしまったので、この10年余の歩みを振り返り整理したい。
  (毎週土曜日更新 次回 思い出3 タマシギ

 シロハラクイナは日本では沖縄や西表島を中心に棲息し、近年では少しずつ棲息範囲を広げつつあるとはいえ九州や四国の一部までであり関東では2002年の神奈川・三ツ池や04年の臨海公園など数例に過ぎないようである。そのシロハラクイナが繁殖までこぎついたのは県内はもとより東日本で、初めてのこと。11年前に快挙を目にした。芦原から親に連れられて、出てきたヒナの毛玉のような姿を目にした時の感激は、今でも忘れられない。
 その、シロハラクイナが、この5月に11年ぶりに姿が見られたとのことであるが、11年前の2016年に撮った画像から。(たくさん撮ったはずなのに、画像のフアイルがどこかに紛れてしまい残念ながら、ほとんどを今回再現できなかった。)

日本野鳥の会埼玉県支部による記録

6月14日に観察されて以来、2羽が観察され季節的に繁殖の可能性が期待される。
7月 9日抱卵交代と思われる行動が観察される。
7月22日アシ原内で雛が生まれ、餌を運んでいると思われる行動が観察される。
7月23日朝から同様な行動が見られ、11時40分頃アシ原の下から親に連れられた5羽のヒナを確認。


e0139059_08300979.jpg

e0139059_08302435.jpg

e0139059_12020083.jpg

e0139059_08312375.jpg

e0139059_08314983.jpg

e0139059_08321219.jpg

e0139059_08322552.jpg

e0139059_15122782.jpg

e0139059_08304005.jpg

e0139059_08305538.jpg
e0139059_12274187.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-07-08 08:22 | シロハラクイナ | Comments(0)

思い出の記 1 秋ヶ瀬のフクロウ

 10年余続けたブログを衝動的に中止してしまったので、この10年余の歩みを振り返り整理したい。
  (毎週土曜日更新 次回 思い出2 シロハラクイナ

 他県のフイルドを訪れ、名刺交換時に良く話題になるのは秋ヶ瀬のフクロウのことであり、レンジャクのことである。このフクロウを、2011年にピクニックの森の柳の古木の洞に営巣したのを、初めて見た時の記憶は鮮烈に残っている。その前年に、フクロウを撮るために八ヶ岳山麓へ足を運んだことがあり、こんなにも身近で天然の樹木に営巣する姿が見られるとは思ってもみなかった。

2010年1月 
    雪の八ヶ岳山麓を探し回り、ようやく撮ることが出来た。あの時の、朝焼けの空と寒気は、今でも忘れられない。 

e0139059_10141316.jpg
e0139059_10143015.jpg

2011年5月 
   古くからのカメラマンに、秋ヶ瀬でフクロウが営巣したのは20年ぶりと聞く。 
      
e0139059_11001650.jpg

2012年5月  
    柳の古木にある洞から顔を出す一番子。

e0139059_10311670.jpg

2013年5月 
    今年も同じ柳の古木にある洞を利用して営巣し3羽が誕生した。遠くから、巣を見つめる親。 

e0139059_10342633.jpg
2014年5月
  3年続けて営巣した、柳の古木が昨年の秋の台風で倒れてしまった。許可を得て巣箱をかけた。心配したが巣箱を
 利用して、営巣し3羽のヒナが巣立った。
e0139059_10452496.jpg

e0139059_10454346.jpg

e0139059_10455854.jpg

e0139059_10461129.jpg

2014年6月
  親がヒナに餌を運ぶ様子を見たくて、閉園間近の7時前まで粘った。もう辺りは薄暗くよく見えなかったが、
 親が巣の近くにとまったのでシャッターを切った。モニターを確認すると、なんと蛇を咥えていた。
e0139059_09002083.jpg

2015年6月 
    親が見張りに疲れたのか、ストレッチをしたり、エンゼルポーズを見せた。

e0139059_11032503.jpg

2016年6月
     やっと、巣立ちした三番子

e0139059_11063755.jpg

e0139059_11070531.jpg


# by GannkoOyazi | 2017-07-01 11:38 | フクロウ | Comments(0)

ブログ最終回  カケス、ゴジュウガラ

 突然ですが、今回をもってブログ「頑固親父の探鳥記」を思うことがあって終了させていただきます。思えば、2006年3月に弊ブログを開始してから10年以上が過ぎました。もともと自身の探鳥記録ですが、今は、その記録帳を閉じたい気持ちを抑えようがありません。いつかまた、違ったかたちで再出発できればと思います。
 長い間、ご高覧くださった皆様に心から感謝申し上げます。
e0139059_13453528.jpg
e0139059_14534462.jpg
e0139059_14540469.jpg
e0139059_14542293.jpg
e0139059_14544800.jpg
e0139059_14550328.jpg
e0139059_14552164.jpg
e0139059_14554401.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-05-03 15:31 | カケス | Comments(0)

愛嬌者  シマリス

 シマリスが、鳥の出が悪いのをカバーしてくれた。林の中から勢いよく飛び出して来ては、岩の上で餌を獲る。姿を消したと思うと、いつの間にか岩にいたりする。鳥撮りのはずが、愛嬌者のリスに引き込まれる。頬袋をいっぱいに膨らませていた。
e0139059_11144694.jpg
e0139059_11181566.jpg
e0139059_11310821.jpg
e0139059_11175620.jpg
e0139059_11184348.jpg
e0139059_11173001.jpg
e0139059_11215977.jpg
e0139059_22444596.jpg
e0139059_11141387.jpg
e0139059_11160734.jpg
e0139059_11165603.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-05-02 16:42 | シマリス | Comments(0)

目 線  キビタキ

 キビタキが願っていたところに、とまってくれた。キビタキを待つ間に、抜けの良い細い木に、あそこなら絵になると思っていた。そこの目線の高さに、乗ってくれた。こんなこともあるのだ。
e0139059_09160676.jpg
e0139059_09165184.jpg
e0139059_09172610.jpg
e0139059_09171353.jpg
e0139059_10332252.jpg
e0139059_09124693.jpg
e0139059_12052429.jpg
e0139059_09132046.jpg
e0139059_10404588.jpg
e0139059_09412122.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-04-29 11:25 | キビタキ | Comments(0)

営 巣  コサメビタキ

 木の幹から水平に伸びる枝の基部にコサメビタキが営巣していた。コケを張り付けた浅い皿のような形の巣だ。離れた山道からでは、木のコブのように見える。親鳥がしきりに出入りをしているところを見ると、まだ完成していないようだ。
e0139059_12083026.jpg
e0139059_13065813.jpg
e0139059_12091947.jpg
e0139059_13072890.jpg
e0139059_13231076.jpg
e0139059_12102509.jpg
e0139059_12094836.jpg
e0139059_12095993.jpg
e0139059_12115114.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-04-26 15:55 | コサメビタキ | Comments(0)

子育て  コゲラ

 今日、初めに入った森は、鳥の声すらほとんど聞こえなかった。もう一方の森で、オオタカと思ったが遠慮して引き上げた。唯一、見られたのは子育て中のコゲラだった。オスとメスが、せっせと餌を運んでいた。どうもこのところ鳥運に見放されているようだ。この森を離れている時に限って賑わいをみせる。先日も、コムクが抜けてしまい、シメに変わっていた。
e0139059_17373155.jpg
e0139059_17231969.jpg
e0139059_17375925.jpg
e0139059_17444936.jpg
e0139059_17240611.jpg
e0139059_17210219.jpg
e0139059_17223224.jpg
e0139059_17211900.jpg
e0139059_17214898.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-04-21 20:26 | コゲラ | Comments(0)

歓 迎  オオタカ

 オオタカが、マイフイルドの森で営巣をしている。おそらくは、初めてのことだと思われる。なんとしても、繁殖までいってもらいたいものだ。広範囲に規制のロープがめぐらされ不満も聞くが大事に見守りたい。なんとか、離れた木立のすき間からメスの姿を見つける。そこへオスが飛んで来て交尾するところを偶然にも撮ることが出来た。
 オオタカは、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」に基づく「国内希少野生動植物種」に指定されている。1月から求愛行動を始め3月頃に巣作りをして、4~5月頃に3~4個の卵を産む。抱卵はオスとメスが交代で行うが、まったく卵を温めないオスもいる。ヒナは生後35~40日ほどで飛べるようになるが、しばらくは親鳥といっしょに過ごしてから巣立つ。9月を過ぎる頃には親鳥はまた単独生活に戻るとのことである。
e0139059_17012934.jpg
e0139059_17011384.jpg
e0139059_21123030.jpg
e0139059_17002287.jpg
e0139059_17000251.jpg
e0139059_17015037.jpg
e0139059_17020881.jpg
e0139059_17022441.jpg
e0139059_17024336.jpg
e0139059_17025901.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-04-20 18:41 | オオタカ | Comments(0)

春の使者達 2  シラネアオイ、クマガイソウ、エンレイソウ

 旧友に、キバナカタクリが見られるからと誘われ大柿山へ行った。この時期にマイフイルドを離れるのは、何となく不安な気がしたが、(留守中にキビタキが大サービスだったとか)山野草を専門にしてた時以来の誘いであり花家さんに従った。いつもの赤城山腹の自然園に比べて、春の使者達の訪れはだいぶ早いようだ。キバナカタクリは、アメリカやカナダの山岳地に自生するとのことだ。

(写真上から)  シラネアオイ、シラネアオイ(白花)、クマガイソウ、エンレイソウ (白花)、 シラユキケシ、
イカリソウ(赤花)、イカリソウ(白花)、イカリソウ(紫花)、キバナカタクリ

e0139059_13174955.jpge0139059_13173471.jpge0139059_13182579.jpge0139059_13185693.jpge0139059_13203179.jpge0139059_13200386.jpge0139059_13213729.jpge0139059_13211681.jpge0139059_13222388.jpge0139059_13220316.jpge0139059_13225208.jpge0139059_13241849.jpge0139059_13243944.jpge0139059_13290719.jpge0139059_13280275.jpge0139059_13245852.jpge0139059_13294454.jpge0139059_13304215.jpg
e0139059_13310005.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-04-18 14:58 | 野草 | Comments(0)

クヌギ雄花  マヒワ、チョウゲンボウ

 昨日は、目指した鳥は抜けてしまい森は再び寂しくなってしまった。それでも、クヌギの雄花がスダレのように垂れ下がる中にマヒワの群れがいた。クヌギの巨木の高い所で、なかなか抜けて撮れなかったが見上げるうちに首が痛くなってきたのであきらめる。チョウゲンボウがその広場の上空を旋回した。
e0139059_16533539.jpg
e0139059_16535456.jpg
e0139059_16542066.jpg
e0139059_16544556.jpg
e0139059_16550515.jpg
e0139059_17182123.jpg
e0139059_16555871.jpg
e0139059_17344217.jpg
e0139059_17353239.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-04-15 08:33 | マヒワ | Comments(0)

秋ヶ瀬田んぼ  ヤツガシラ

 ヤツガシラが、なんと秋ヶ瀬田んぼの用水河岸に現れた。護岸の斜面を伝い歩きしながら餌を探していた。前にも後ろにも田んぼが広がっていて、よほど餌を獲りやすいと思われるのに護岸を離れようとしないので、ロケーションに恵まれない。それでも、今年もマイフイルドに姿を見せてくれたことを何より喜びたい。
e0139059_16043876.jpg
e0139059_16045285.jpg
e0139059_16050691.jpg
e0139059_16055320.jpg
e0139059_16053270.jpg
e0139059_16061983.jpg
e0139059_16063747.jpg
e0139059_16070150.jpg
e0139059_16072316.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-04-13 17:02 | ヤツガシラ | Comments(0)

満開の桜と  コゲラ

 明日は、また雨が降りそうな予報であり、小鳥絡みはダメでも満開の桜が散らぬうちにと思い足を運ぶ。案の定、ヒヨドリの声ばかりで桜に鳥の姿はなく、たたずむばかりだった。それでも、いっぷくしていると花影に動くものが目に入った。コゲラだ。それも頭に赤い斑が見える、しめたオスだ。カケスも樹林の間にとまった。今日は、なんとダメモトが当たった。
e0139059_14011769.jpg
e0139059_13372754.jpg
e0139059_13491107.jpg
e0139059_14275011.jpg
e0139059_13404424.jpg
e0139059_13371017.jpg
e0139059_13382440.jpg
e0139059_14100643.jpg
e0139059_14033403.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-04-10 17:01 | コゲラ | Comments(0)

争 う  ヒレンジャク

 レンジャクが、大きな木の根元の洞に溜まった水を飲みに集まって、争っていた。多い時は、一度に10羽ほどが競い合っていた。昨日はもっと大きな群れで30羽程いたとのことだったが、今日は群れが分かれているようだ。別のポイントでは、高い樹の枝の洞で水を争って呑んでいた。レンジャクの群れが入ったとの情報をHさんから連絡いただきレンジャクの群れを待ち望んでいたところなので、昨日さっそく出かけた。いつも貴重な情報に感謝申し上げます。
e0139059_09523949.jpg
e0139059_09525854.jpg
e0139059_09532039.jpg
e0139059_09534062.jpg
e0139059_09515394.jpg
e0139059_09521242.jpg
e0139059_09542663.jpg
e0139059_09545239.jpg
e0139059_09550948.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-04-08 10:57 | ヒレンジャク | Comments(0)

春の使者達 1  キクザキイチゲ、セリバオウレン、フキタンポポ

 赤城山西麓700mに位置する自然園の春の訪れは遅い。ことのほか今年は、春の使者達は戸惑っているに違いない。4、5日前には雪が降ったとのことだ。遅い春のおかげで、いつもなら時期を過ぎてしまうフキタンポポやセリバオウレンの花を見ることが出来た。普段は、野草に限るのだが、花が少ないので園芸種もおまけして撮った。

<写真上から>キクザキイチゲ、キクザキイチゲ(白花)、ミズバショウ、フキタンポポセリバオウレン、スイセン、
       ダンコウバイ、アセビ、(おまけ)クリスマスローズ、ムスカリ

e0139059_20581746.jpge0139059_20584326.jpge0139059_20590656.jpge0139059_21000950.jpge0139059_21014540.jpge0139059_21022375.jpge0139059_20573754.jpge0139059_20575409.jpge0139059_21002324.jpge0139059_21010909.jpge0139059_23093811.jpge0139059_23104887.jpge0139059_21022564.jpge0139059_21030034.jpge0139059_21032413.jpge0139059_21034285.jpge0139059_21045686.jpge0139059_21042443.jpge0139059_21052542.jpge0139059_21060323.jpg







# by GannkoOyazi | 2017-04-03 22:54 | 野草 | Comments(0)

開 花  サクラソウ、アマナ

 開花しているサクラソウを探して自生地を散策してみた。一部で少しだけ開花しているのを見つけた。アマナは、日が射していないので半開だったがあちこちで見かける。帰りに桜の花絡みのウソを撮りたくて、昨日のポイントに足を運んだが姿を見ることが出来なかった。通りがかりにルリビタキを運よく撮ることが出来たので、雨が降りださないうちに引き上げる。
e0139059_13065680.jpg
e0139059_13071527.jpg
e0139059_13073635.jpg
e0139059_13075612.jpg
e0139059_13452397.jpg
e0139059_13305983.jpg
e0139059_13312718.jpg
e0139059_13083779.jpg
e0139059_13085385.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-03-31 15:58 | 野草 | Comments(0)

五目撮り  レンジャク、アカハラ、ルリビタキ、メジロ、ウソ

 今日もヒレンジャクが相変わらず一羽で、カメラマンの注目を集めていた。ぽかぽか陽気に水場に降りる度合いも多いようだ。水場ではアカハラがひっそりと餌を啄む。ルリビタキも、まだ残っている。咲き始めた桜では、メジロが蜜をなめ、ウソが花を啄んでいた。早々と五種目が撮れたので、お昼前にマイフイルドを後にする。
e0139059_14535678.jpg
e0139059_14540933.jpg
e0139059_14543182.jpg
e0139059_18505421.jpg
e0139059_15290310.jpg
e0139059_15292254.jpg
e0139059_14555305.jpg
e0139059_14561908.jpg
e0139059_14551519.jpg
e0139059_14553126.jpg
e0139059_14570164.jpg
e0139059_14572119.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-03-30 16:15 | ヒレンジャク | Comments(0)

竹やぶ  ルリビタキ

 竹林のウグイスを期待したが姿を見せてくれず、現れたのはルリビタキばかりだった。竹やぶは、意外に暗かったり明るさが一定せず、ルリビタキと遊ぶつもりが、遊ばれてしまったようだ。
e0139059_21225679.jpg
e0139059_21240554.jpg
e0139059_21232027.jpg
e0139059_21234115.jpg
e0139059_21242176.jpg
e0139059_21250313.jpg
e0139059_21252917.jpg
e0139059_21254585.jpg
e0139059_21260910.jpg
e0139059_21283848.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-03-29 22:02 | ルリビタキ | Comments(0)

満 開  ニュウナイスズメ、メジロ

 先日訪れた時は、まだつぼみが目立っていた大カンザクラは満開になっていた。昨日マイフイルドでレンジャクを撮った後にニュウナイスズメを再訪した。お昼頃に現着したが数羽のニュウナイスズメが花にとまっていた。そのうちの一羽が花を上手に摘み取る。メジロは、逆さになって花びらの中に顔を入れて蜜をとっていた。
e0139059_09300439.jpg
e0139059_09542931.jpg
e0139059_18270130.jpg
e0139059_13385983.jpg
e0139059_09275648.jpg
e0139059_13360250.jpg
e0139059_09281570.jpg
e0139059_09285832.jpg
e0139059_10113063.jpg
e0139059_10111095.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-03-25 13:30 | ニュウナイスズメ | Comments(0)

念願の  ヒレンジャク

 今季はヒレンジャクをもうマイフイルドでは見られないものと、半ば諦めていたところだった。が、昨日一羽だけだがヒレンジャクが見られたことを知り、今朝2時半過ぎまでFIFAワールドカップ 最終予選の日本代表対UAE戦をテレビ観戦し眠いのを我慢して、抜けていないことを祈りながら駆けつけた。ヤドリギの手前の木の枝止まりだったが、なんとか、マイフイルドで念願のヒレンジャク撮りを果たすことが出来た。
e0139059_19364623.jpg
e0139059_19365727.jpg
e0139059_19455306.jpg
e0139059_19372738.jpg
e0139059_19374913.jpg
e0139059_19380968.jpg
e0139059_19383414.jpg
e0139059_19385589.jpg
e0139059_19391286.jpg

# by GannkoOyazi | 2017-03-24 20:44 | ヒレンジャク | Comments(0)